ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


そろそろ限界ですね。もう。 2007年09月25日

コメント17件 “そろそろ限界ですね。もう。”

  • みかんぐみ より:

    どれほどの感動が待ち受けていることか,どれほどの出会いがあることか,人間は悠久のロマンを忘れてしまったのか?
    私も感動を見逃さず感動と受け止められる感性を持ち続けたい,そんな人生を送りたい一人です。
    この写真は,涙があふれてきました。
    なんて表現して良いのかわからないんですが,ただただ感動でした。
    willieさん,頑張って下さいね。

  • oka-ka より:

    willieさん、こんばんわ。
    わたしも今、夫婦という関係に限界を感じていたところです。
    とりあえずふさぎ込み。
    これを乗り越えるのにまだまだ時間がかかりそうです。
    willieさんも??

  • アケミ より:

    こんにちわ♪
    以前、トラックバック頂いていたのに、なかなか返事が出来ずでごめんなさい。
    とってもキレイな写真がいっぱいですね。
    私はケアンズは通り過ぎたことがあるだけで、たくさん知らないのですがいつかじっくり旅したいです。オーストラリアは、自然がいっぱいでいい国ですね。

  • 鳥好きの奥さん より:

    もう旅行はしなくなりました。
    夫の体調もあり もう一度willieさんにガイドしていただく夢もなかなか難しそうです。でもお宝の双眼鏡がありますから ベランダから カラスの夫婦(?)の会話を見ているのも大事な時なのだと思います。

  • willie より:

    みなさんコメントありがとうございます。
    現状に不満というよりは、目標の旅が魅力的すぎる事が問題です。それに、かなり元気な時でないと体力的にも無理だと思います。
    みかんぐみさんが言う通り、いったいどれだけの感動があるかいても立ってもいられなくなります。叫びたくなる高揚は、普通の暮らしをしていたら滅多にないはずです。オーストラリアにいて、野生動物の旅をしないわけにはどうしてもいきません。
    oka-kaさん、私も現実との間でずっと苦しんでいます。でも、大変な方の道こそ多くの場合本当に自分が望んでいる方ではありませんか。
    アケミさん、ようこそいらっしゃいました。いろいろと大変な事もあるのでしょうけど素晴らしい環境にお住まいですね!うーんオーストラリアのどの辺りなのでしょうか。木に鈴なりのモモイロインコとか。また遊びに来て下さいね。
    鳥好きの奥さんさん、それはちょっと悲しいお知らせですね。私も野鳥の姿を見ているだけでどれだけ助けられて来たことか。何かいい方に変わる事を願っています。またお会いしましょう。

  • possum より:

    お久しぶりです!
    ボラの件は確かに血圧が急上昇する光景ですね。何度見ても飽きない所か興奮します。
    しかし、なんだか考えさせられる文でしたが、
    最後のガルーの写真には笑ってしまったよ(笑)
    これ前も見たけど、かなり個人的に当たりの写真だよね。
    仕事や家族や人間関係に悩んだ時は、こんな表情を浮かべれば、自分も回りも癒される・・・かなぁ、という暗示ですかな??(笑)

  • willie より:

    possumさん、お久しぶり。いよいよ、デスね(謎)
    面白き
    事なきこの世を
    面白く
    ー 高杉晋作
    ベタですが、座右です。

  • みかんぐみ より:

    何もお力になれませんが,私の尊敬する人の言葉を贈ります。
    「大変な時こそ 大きく変われる時」
    willieさんは,どう変わるのでしょうか?

  • chiemomo より:

    ども。
    煮詰まってきました?でも来月は暇でしょ?あれ?うちだけかな?また月15日休みとかになりそうです。
    うちもそろそろケアンズ出ようかなとか思ってたんですけどね。
    タスマニアでハイキングガイドを募集してますよ。AJPRで検索してみてください。2月にいったときに挨拶にいってみましたが真面目そうな方でした。夏季だけ働けるってのもポイントかも知んないですよ。
    独り身の間に動けるだけ動いたほうがいいかもね。

  • willie より:

    どうもどうも。今日はばったりでしたね。減ってますけど、休みが増える程ではないです。
    >ケアンズ出ようかなと
    そうですねぇ。タスマニアとカカドゥを季節移動するのもいいですよね。鳥のように。旅行記の完結を待ってますよ。

  • chiemomo より:

    旅行記…、データが飛んでやる気を無くしてそのままでした。そのうち完結します。バングルバングル編も書かないと。
    季節移動して暮らすのは憧れですね。
    せっかくオーストラリアに住んでるのに、日本と同じような暮しをしてるんじゃ意味ないよね。

  • willie より:

    >せっかくオーストラリアに住んでるのに、日本と同じような暮しをしてるんじゃ意味ないよね
    ですね。もっと僕らは楽しまないと(遊ばないと)
    逆に、どう見たって日本の方があっている人たちもケアンズに沢山いますよね。あれがよくわからない。

  • kumata-ro より:

    ある種、不幸ですね。(←この表現は怒られるかな)知ってしまったということは・・・
    私も最近あせってるの
    きがつくの遅すぎた~~
    いまどきは人生80年ぐらいあるけど
    よくよく考えたら、やっぱ50前までかな・・人生50年か~。
    そりゃ、プロスキーヤーの三浦さんみたいな人もいるけど、それは特殊な例で
    私なんかは・・・もう出来ないことが増えつつある。
    インコがね、調子悪くて医者通い中。
    久々に動物病院いったけど、、やっぱりこういう現場は大変だね。休みなしだね。
    ひっきりなしに電話もかかってきてた
    (そーゆー私も深夜2時に電話いれたし。。。ごめんね)
    飼い主は、皆すがるような目でくるしね~@私も含む

  • willie より:

    >ある種、不幸ですね。知ってしまったということは・・・
    うーん、そういう面もあるけど野生動物のないオーストラリアなんて、どれだけつまらないか。私は早い段階で気がついてまだ良かったです。
    chiemomoさんもいう通り、オーストラリアにいる限りそのへんしっかり楽しまないと、ですね。
    インコの回復を我が事のように願ってます。

  • Ten より:

    Willieさんや皆さんの言葉に人生を想います。でもね、知ってしまった事は決して不幸ではありませんよ。
    例え大変でも、知ってこそその後の人生が深く、陰影を帯びてくる。
    自分で考え自分の足で歩いて行くー死ぬ間際に後悔しない為にー生きる上で一番大切な事だと思います。
    (人生カウントダウン始まりつつあるTenより)

  • あくあまりん より:

    そうですか・・これがオーストラリアの全ての野生動物に会いに行く旅の原点なんですね。
    で、オーストラリアの全ての野生動物っていったいどれほどいるのでしょう?哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類(も?)・・どこまで含めます?昆虫含めると大変でしょう?
    これは壮大な計画ですねー。
    オーストラリアの固有種に限っても、何千とありそうですね。
    あ~、私も行ってみたいな~。
    カンガルー島はもちろん、カカドゥや真ん中の砂漠あたりにもわけのわからない生物がいそうですもん。
    オーストラリアはまるで小説の“ロストワールド”のように「ここだけ~」の動物が残っているけど、今も世界から多少忘れられたような位置にいることでこれだけすごい自然が残されているのかも・・。
    今の日本こそ息がつまりそうですよ。
    どこにいっても人だらけ、車だらけ。格差社会で、若い人たちは就職もままならず、年金は不足だわ、高齢化社会で医療費は嵩むわ、かといって病院でチューブに繋がれてしまったら死なせてもくれないみたいだし・・。でも、新聞ニュースには出ないけど餓死や栄養失調で死ぬ人も多いんだとか・・。
    お隣の中国などは人口がどんどん膨れ上がって、GNPも日本を抜いちゃって、光化学スモッグまでも日本に飛んできてる。公害もす~っごいらしい。
    (石油にかわるエネルギーを考え出すことができれば、日本の優位性は少しは保たれるんだろうか?)
    人が多すぎて、薪にする木を切った為に地面の保水力が落ちて洪水も起こっているとか・・。
    世界中がおかしくなりつつある中で、オーストラリアはぽっかり忘れられている気がする。・・というか、そこだけ特別な地上の楽園でいてほしいというのが私の希望。
    Willieさん、全てのオーストラリアの野生動物に出会えたら素敵ですねー。レポート待ってますよー。^^
    とりあえずカンガルー島。。。

  • willie より:

    >どこまで含めます?
    そうですね?鳥と哺乳類はマストですけど、それ以外はこちらから積極的には探さないスタンスです。
    >砂漠あたりにもわけのわからない生物がいそう
    いるいる。ネズミクイ、ホップマウスとかには会いたいですね。あのような環境でどうやって生きているのか興味ありますね。
    カンガルー島レポート始まりました。ってまだ到着もしてないですけど。