ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


貝塚 2006年12月08日

コメント9件 “貝塚”

  • kumata-ro より:

    鳥がココまで運んで食べた、とか?

  • willie より:

    運び過ぎでは…。

  • kumata-ro より:

    集団でパーティー。。。
    いや、、何でそんな発想をしたかというと、、(・・;)ゞ
    うちのインコが、
    餌を口に含んで運んで、出して、食べる、をして
    水入れの下に餌の山が出来てるから。
    あまりの餌のこぼれ具合に
    餌入れ(和鳥用)の中に入って掻き出す遊びでもしてるのか?と観察してたら。
    餌入れから、水入れ(インコ用餌入)に付いてる足場に、いちいち運んいでました。
    落ちてる餌をみると、殻より実の方が多い。
    それがなんか健気でかわいい。

  • willie より:

    あーうちにいたインコも遊び好きでした。時々かごから出してあげるんだけど、高いところからものを落としてそれを覗き込むのが好きだったサミーちゃん。

  • 匿名 より:

    >落として、覗き込む
    うーー、想像してしまう。可愛い!
    うちは、在宅中は出しっぱなし。
    かなりな事やられ放題、でも何しても許す♪

  • willie より:

    壁紙かじられません?

  • kumata-ro より:

    タタミ、障子のさん、リモコンのボタン、文庫本、私、、あらゆる物ぼろぼろです。
    このサイズの鳥でこれだけの破壊力があると思うと、ヒッチコックの「鳥」の怖さが倍増します。
    夏場は両肩、今は両手首にたかられて、小さくつねるように噛まれます。
    (嫌な遊びを覚えられてしまいました、払いのけてもたかってきます)
    肌は針で指したような黒い点だらけで、ザラザラしてます。
    よーく見るとカサブタ。やっぱ嘴の先で穴あくのかなぁ・・

  • willie より:

    うちのインコは、肩に乗っていて暇になってくると耳をかじったりするし、よくホクロの部分を突かれたヾ( ̄o ̄;)
     「鳥」はある日突然鳥たちが人間を襲う映画でしたね。オーストラリアには主役候補の鳥(1.5m級)がそろってますよ。
     エミュー、ヒクイドリ、軍艦鳥、セイタカコウ、シロハラウミワシとか。

  • kumata-to より:

    想像するだに恐ろしい・・
    「鳥」はサスペンス映画ですが・・
    オーストラリア舞台だったら、ホラー映画になりそうですね(ーー;)