ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


最後の喫煙者 筒井康隆 新潮文庫 2006年10月21日

コメント3件 “最後の喫煙者 筒井康隆 新潮文庫”

  • kumata-ro より:

    かつては筒井マニアでした。
    断筆からの復活後、自然と遠のいていたのですが。
    『最後の喫煙者』、お話からすると、昔の筒井作品を彷彿させます。読んでみたくなりました。
    最近、『日本以外全部沈没』という筒井作品が映画化されました。
    オリジナルではシナトラも健在、エリザベス・テイラーにチャールズ・ブロンソン、ニクソンやブレジネフの名もあります。
    DVDになったら見るつもりですが、今はどんな人達に置き換えられているのかなぁ・・

  • willie より:

    おお、「日本以外全部沈没」はアマゾンで見かけて気になっていました。ケアンズでは日本の映画は手に入りにくいので困ります。
     「日本以外全部」のタイトルの時点で著者らしさが出てます。そうそう、「最後の喫煙者」の文庫版のオビには「絶対に笑える。笑えなければ君はおかしい」と大書きされていました。

  • kumata-ro より:

    『最後の喫煙者』読みました。
    ヒステリックな女性編集者も筒井らしいけど、
    最後の『保護』されることに怯える主人公が、
    いかにも筒井で( ̄ー ̄)<にやり
    でした。
    他の同時収録はすべて既読作品でしたが
    引越し時に文庫はあらかた整理してしまったので
    また手元に戻ってきてくれて嬉しいです。
    「自薦」傑作集という副題がついていましたが、
    作者のお気に入りはこういうのかぁと
    思いながら読みました。
    私はラグビーや問題外科とか好きです。
    あれを好きっていうのも、なんですけど・・