ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組・書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ、アジア人初)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可など保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地にペットのインコ1羽と暮らしている。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


マライヤキャリー 2006年10月14日

コメント2件 “マライヤキャリー”

  • ゆう より:

    おっ。新婚旅行で泊まったとこだ。
    2年前かな。
    もう一度いきたいですねー。ケアンズ。
    ひとつご質問。
    前回日本よりサビキ仕掛けを持参したのですが、魚皮などをマテリアルに使っていると、入国上、申請しないとうまくないのでしょうか。

  • willie より:

    ケアンズインターナショナルに泊まったんですか、うらやましいです!結局先日の騒ぎは何かわからず。
     ええと、オーストラリアでは生物を使った品は厳しくチェックされます。フライのマテリアルの持ち込みは禁じられていますからサビキもアウトでしょうね。厳密には。(空港にて特別な検疫&手数料を払うと持ち込ませてくれるパターンもあり。品、担当者によりけり)ただ、ケアンズでもサビキは普通に売られているのでそれを使ってはいかがですか?「sabiki」や「live bait rig」の名前で$1〜2で売られています。ガソリンスタンドでも。大きな釣具店では、マルキューやササメ針といった日本製品も見かけましたよ。