ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


サンダーボルトで再び フィッツロイ島とアウターリーフ 2006年10月12日

コメント3件 “サンダーボルトで再び フィッツロイ島とアウターリーフ”

  • ぶっしゅベルト より:

    ええなぁケアンズ。やろうと思えばいつでもこんなことしたりできるんやから。日本は寒くなってきたでー。

  • kumata-ro より:

    ほんまや。
    白いインコ、フツーに居るんだ・・・
    レインフォレストハビタットで朝食バイキングしたのですが・・・
    到着時間が遅くなり、着いたのが11時。
    さすがに鳥さんも朝食を済ませた頃で1匹もいませんでした。
    その時、この白いインコさんがやってきてくれました。凄く嬉しかった。
    気を惹こうと果物を差し出したけど、見向きもせず。
    食べたのはナント、スープの中の煮豆。
    しかも律儀に皮を剥いて残してた。
    安直に鳥=フルーツ好き、ではないのですね。反省。
    そういえば、うちのセキセイもモッパラ豆食(穀物)だった。

  • willie より:

    レインフォレストハビタットは、ケアンズ周辺の数ある動物園系施設のなかで一番コンセプトがはっきりしているし、ドームの中とは思えない作り込みでオススメ。白いインコはキバタンという和名の鳥です。長生き&賢いのでペットにもなってます。フィッツロイでなくても、そこら辺に結構いますよ。