ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


赤いボストンバッグ 2006年07月28日

コメント6件 “赤いボストンバッグ”

  • フェアリー より:

    はじめまして?こんにちは。
    (実はケアンズでお会いしてたり…するような?)
    あなたは充分魅力的です、2年経った今も忘れられません。
    一緒に撮っていただいた写真は今も大事にしています。
    またオーストラリアに行きたいという願いは、病によって打ち砕かれました。
    私はタバコアレルギーから、化学物質過敏症という病気になり、大学を休学して闘病中です。あらゆる化学物質が敵、ただし花粉症のように人によって反応物質に差がある、という難解な病です。
    自殺したいと思ってしまうくらとても苦しい毎日ですが、
    赤いボストンバックのぉ話を読んで、恩師の死を思いおこし、頑張らなくてはと自分を励ますことができました。
    彼は理不尽にも、居眠り運転トラックに追突され亡くなってしまったのです。
    心に穴が開いたようで。
    もう半年経ちますが、昨日のことのようで涙が溢れてきてしまいます。
    死ぬべきでない人間が殺されて、
    生きたいと思う人間が亡くなってしまう。
    認知度も低く、治療方法が明確に見つかっておらず、異星人をみるかのような周囲の対応、化学物質の溢れた現代社会と自分の病を憂い、いっそ死んでしまいたいとまで思っていました。
    けれど、willieさんの考えを読ませていただいて、もすこしがんばってみようと思いましたです。
    willieさん、どうかぉ身体に気をつけて…

  • willie より:

    フェアリーさん、ありがとう。
     どんな言葉を私はかけられるのでしょう。なぜそんなことにならなくてはいけないのでしょう…。あまりの予想しなかったコメントに、目頭が熱くなりながら返信しています。
     ほとんどの人が、ほんのちょっとした偶然から人生が決まっていきます。もし〜だったら今頃は、と狂おしくなる事があります。その事が時々頭をかすめると、私は大急ぎで頭を振って消し去ろうとしました。
     フェアリーさん、私たちはそんな分水嶺と向き合わなくてはいけないようです。希望と違う方向に流れ出した水に逆らうのは苦しい事ですが、一緒に頑張りませんか。一緒に、というには私があまりにも卑怯な気がします。ただ、本当に真剣に、自分に妥協無く生きようと水の中でもがいています。諦める、運に任せるというのは、本当にすべてをやり遂げた人だけの特権だと思うのです。
     フェアリーさんに紹介したい音楽があります。ただし、聞き手をとても選ぶ音楽です。何も考えていない時に聞いたら、不快ですぐ消したくなる。苦悩して、這い上がろうとしているときだけ力をくれます。少なくとも、私にとってそんな存在の音楽があります。

  • フェアリー より:

    Willieさん、こちらこそ、ありがとうございますです。
    化学物質過敏症;
    発病して2年
    悪化して4ヶ月程経ちますが…
    正直、一緒にがんばろうという言葉をかけていただいたのはWillieさんが初めてです。
    とってもとっても嬉しいです。
    化学物質過敏症の様々な症状のひとつに、自律神経が攻撃されることで、
    うつ状態となってしまうケースがあります。
    私は確かに、今まで興味のあったことにだんだんとやる気をなくしていっていました。音楽を聴くこともスキだったのになぁと今思い出したのです。おかしいですね。
    …是非きいてみたいです。
    電磁波過敏症の併発を避けるため、あまり長く音楽をかけることは禁じられていますけれど…まぁ、まだ他の合併症は起こしていない感じなので楽観的に考えます(^^;本来ポジティブな生き方がモットーですので。
    また、かものはしに愛にいけるよう、がんばって治りたいです。

  • willie より:

    そうですね。オーストラリアにはPMAという略語があります。Positive Mental Attitude
    の略です。なまけもの揃いのオーストラリア人達ほどではなくても(いい意味ですよ)前向きな考えはとても大事にしたいと思ってます。少なくとも、そのほうがおいしいお酒が飲めますよ。
     PMAには音楽が強力な武器です!聞いて欲しいのは、鈴木彩子(さいこ)という人です。単に「サイコ」と名乗っている時もあります。あまりに強烈な歌なので恥ずかしながら私も最近聞くパワーがありませんが、これほど正直に生きている人を私は知りません。「希望の鐘」「GENERATION」「葛藤」「自分自身の証明」「ゆっくりとゆるやかに」といった歌には助けられ続けてきました。今は怖くて聞けない自分が嫌です。

  • フェアリー より:

    ありがとうございます
    音楽少しきけました
    前件投稿直後から急速に違和感が前身を走り、
    あっという間に
    今では電磁波過敏症も併発、強すぎる音や光でも頭痛や吐き気がおきるまでになっています
    書籍は「化学物質過敏症・電磁波過敏症Q&A」とか
    「さらば環境ホルモン」は読みやすくておすすめでした
    みじかくて めちゃくちゃですみません
    症状がこれいじょうに進む前に
    お礼をいいたかったのです
    音楽は、もう自分でうたうことしかムリですが
    教えてくださった曲も彼女も、魅力的で
    とても とてもとても苦しいです
    でもがんばりたいです
    自殺したくないです
    逢いたいです
    いきたいです

  • willie より:

    そんなにひどいんですか…。苦しいです。
     少しでもあなたの生きる励みになれるように
    また会ってみたいと思ってもらえるように
    わずかでも支えになれるように
    私も生涯をかけて自分を貫いてゆきます。
     忘れないでください。私はフェアリーさんが元気になれるように応援するのをあきらめません。絶対に諦めません。