ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


「かまいたち」 宮部みゆき 2006年07月26日

コメント7件 “「かまいたち」 宮部みゆき”

  • kumata-ro より:

    最近読書からご無沙汰なのですが
    「かまいたち」面白そうですね。
    よんでみます。
    宮部みゆきさん、
    映画にもなった「模倣犯」読んでから、
    ちょっと疎遠になってました(w

  • willie より:

    かまいたちは短編集ですよ。何かほかの収録されている短編の中に面白いものがあったと思いますが、池波シリーズはいろいろなところでかぶり、思い出せませんが。
     模倣犯は未読ですね〜。文面からするといまいちでした?

  • kumata-ro より:

    小説の書き方の試みが、うまく収集ついてないように思いました。
    一人称が固定された人物ではなく、
    数人の登場人物達の視点に移り変るのです。
    (各人の感情は凄くよく表現されています)
    あっちの気持ちも、そっちの気持ちもわかる、
    で、結局のところ、誰が何をいいたかったの?
    迷子になりました。
    読者は好き勝手言っていいんです。
    池波さんは吉右衛門さんの鬼平が好きです。(TVやん・w)
    根気がないので本を読むのは短編が多いです。
    「梅庵」なんかをたまにぺらぺらっと読むのが気楽です。

  • kumata-ro より:

    そういえば、、
    大作を読まれる方には物足りないかもしれないけれど、
    宮部さんの「火車」面白かったです。
    暗い話しなので、面白い、というのも変な表現ですが。

  • willie より:

    一人称や視線を次々変える手法は「理由」でも多用されましたから、特徴なのかもしれませんね。でもかわり過ぎ!と思う事も…。「鬼平」「剣客商売」は良かったですよ。テレビのやつは見ていないのですが。「火車」覚えときます。

  • kumata-ro より:

    「かまいたち」読みました。
    久々の読書が楽しかったです。
    「騒ぐ刀」がとても気に入りました。
    (ふと思えば、気の毒な人がいっぱいなのだが、
    そこにハマルと欝になるのでさらっと流しました)
    お奉行様の「耳袋」が気になり
    本が出ていないか調べたら
    ナント6000円!、、今回は断念。

  • willie より:

    『騒ぐ刀』。時代物に超能力の世界はおもしろいアイディアですよね。ありそうでない分野。
     語呂がいい感じです耳袋。