ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


また倒産 今度はBONZ 2007年05月02日

コメント11件 “また倒産 今度はBONZ”

  • よしか より:

    お土産やさんとしてはホント老舗ですよねぇ。
    私が新婚旅行で初めてケアンズに行った頃は土産物屋と言えばBONZみたいなイメージがありました。
    オージー女性販売員がが高級なニットのセーターを売っているイメージ。

  • willie より:

    BONZといえばセーターやコートですよね。店内に入った事もないのですが…。ちなみにこの写真、某ガイドブックで使われています。

  • kumata-ro より:

    「動物写真家の岩合さんが豪州の動物について語るよ」と友達に誘われてノコノコ行ったら・・・
    騙された・・・豪州観光局とカンタス協賛の豪州宣伝セミナーだった(w
    宣伝はいいんだけど、なんぢゃこりゃという中身だったのが残念。
    500人近く集まったのに、もったいない。
    帰りには各州ごとのパンフや旅行のパンフを山とかかえさせられて帰りました。
    ケアンズのパンフは、、正直今一だった。(ごめん)
    縄文杉とか見に行った友達は好きそうだったけど、、
    長時間の飛行機が苦手な私には豪州の中ではケアンズが一番楽。
    友達はパースで暮らす予定で準備中、遊びに行くよといったら10時間かかるよ~って。ちょっとひけました。
    そういう意味でケアンズは有利な場所だと思うのですけど。
    もし一人でいったとして、遊ぶものは全てOPで入れないと身動きが取れないと思うのですが?思い込みでしょうか?

  • willie より:

    比較的近いのはいい事です。「ケアンズの環境」でも言いましたが、パプアニューギニアやアラスカ、ガラパゴス、マダガスカルなど自然好きが喜びそうな場所はアクセスも費用も大変です。ケアンズは、観光業も盛んですが、マニアックな楽しみが色々出来る所。しかも特別な準備なしに(治安とか予防接種とか)
    オプショナルツアーでなくても、レンタカーによるセルフツアーがある!

  • kumata-ro より:

    >レンタカーによるセルフツアーがある!
    やっぱそれしかない?・・・うーん・・・
    道は込んでなさそうだったけど、、でも怖いな、、

  • willie より:

    あおるからねぇ。オージーは…。

  • kumata-ro より:

    実は乗り物で寝れないんですよ、私。
    ケアンズも勿論、シドニーでもどこでも一睡もせず・・・とくにケアンズは暑かったからバテバテでした。
    こないだ後輩と飲み行った時、
    駄目元で「ケアンズ行かない?」って聞いたら「行きたい!」って即答。
    こっちが不安になって聞きなおした「本当に行くの?」
    後輩「コアラ抱っこしたいです~」
    「カカドゥっていう場所があってね」と湿地と鰐の話をしてみた。
    後輩「TVで見たいです~(行きたくない)」
    熱帯雨林にも興味なさそう・・・うーーーん(ーー;)
    そうそう、別な後輩がやはり「コアラ抱っこ」が念願でゴールドコーストに行きました。
    次なる目標は「かものはし」だそうですが。真正面に顔だした所が見れると思っているようでした。
    とっかかりは「コアラ抱っこ」でもいいと思います、その後も興味を持って色々知ってほしいです。

  • willie より:

    そうですねー。人によって「旅」に求めるものは違いますからね。
    でも、オーストラリアの自然について「コアラ」で終わってしまってはあまりにももったいない…。
    かものはしは、結局は運だから真正面で見られる事もあるでしょうし。「かものはしを野生で見る事が人生目標の一つ」という筑波の大学教授を案内したときは、他の日はどうなってもいいから(ごめんなさい)今日だけは出てこい!と念じた。足を伸ばしたら触れるくらいに浮上して来た。
    その教授、次の日も「夢の続きを」と再度参加された。その日はいるにはいた、という程度だった。そんなものです。
    過去には、赤い首輪をしたカモノハシを見つけた事もある。(これは多くの人が証言してくれる)あれはいったい…。
    陸上にいるのを見た事もあるし、川岸近くをゆっくり泳いでいたかものはしを追いかけて70mくらい一緒に歩いた事もある。

  • kumata-ro より:

    >オーストラリアの自然について「コアラ」で終わってしまってはあまりにももったいない
    ですね~
    私ごときが言うのもなんですが(w
    だけど、今までの経験からここまで連想するのは無理ですね~。想像できない。
    こないだ貰ったパンフの州ごとのバラエティにもビックリしました。
    もっとも、日本ですらあまり知らなくて
    最近は、ディスカバリージャパンをしようかと思ってるところです。

  • michiko より:

    この店にいたレイコさんって
    出っ歯の女
    ビザ目的でネーソンていう
    有名なヒモ男と結婚して
    ワーホリ騙してシックハウス経営
    してたんだっけ?

  • willie より:

    さー?管理人はその手のゴシップにとても疎いのでさっぱりわかりません。