ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘オーストラリア野生動物探訪旅行の記録’

アドミラルアーチ後編:カンガルー島旅行記

2007年12月16日
(三日目午前中)アドミラルアーチは、崖の上から見ているだけでも感動ものの場所だけど木製の階段により更に海岸線まで降りていく事が出来る。 ニュージーランドオットセイはもうあちこちにいて、一緒にゴロゴロして遊びたかったけど捕まるので我慢した。照りつける太陽光が岩礁に反射して、露出が難しい。-2.0位まで下げて撮ってる。 アドミラルアーチという名前は、このオットセイ保護区の奥にある石門のような所をさ
全文を見る»»

アドミラルアーチ(前編):カンガルー島旅行記

2007年12月04日
(三日目午前中)リマーカブルロックから移動し、カンガルー島の端の端、アドミラルアーチまでやってきた。ケアンズでは、感じられないタイプの自然や景色ににしばし時を忘れる。極端に言えばこの海は南極海なわけで、こんなところでは時間を忘れてたたずんでいたいものだ。 双眼鏡をもった年配のご夫人が歩いていたので挨拶すると、すぐ近くのコテージに泊まっていると言う。なんと、こんなところに宿があったとは知らなかったな
全文を見る»»

リマーカブルロック:カンガルー島旅行記

2007年11月27日
(3日目朝)昨日一日でかなりの野生動物の収穫があったので3日目はちょっと観光。レンタカーを飛ばしてカンガルー島の名所、リマーカブルロックへ。 一つ問題が。リマーカブルロックへ行くには、フリンダースチェイス国立公園に入る事になるのだけどカンガルー島では全ての国立公園に入場料(パス)がいる。フリンダースチェイス国立公園の入り口付近の道路沿いにその販売をしている国立公園管理事務所があるんだけど朝早過ぎ
全文を見る»»

夜行性動物探し:カンガルー島旅行記

2007年11月24日
(二日目最後)簡単な自炊の後、夜行性動物探しの準備をする。持参したのはバッテリー内蔵の簡単なスポットライトとLEDヘッドランプ。あとカメラか。日没後に、同じような動物探しする人くらいいないのかしらと思ったけど見かけなかった。  土地勘も情報もないので、宿泊先のカンガルー島ウィルダネスリトリートの裏を歩いてみる。熱帯雨林のケアンズにて同じような事を仕事としてしてるんだけど、森の種類が根本から違うので
全文を見る»»

キングスコートからダックラグーン、宿へ;カンガルー島旅行記

2007年11月10日
(二日目まだ続き)キングスコートでの買い出しを済ませ、ようやく出発する。街をちょっと出ると、噂に聞く制限速度110kmの道路がどこまでも続く。島の反対側にある今日からの宿までそろそろ向かわないといけないのだけど、空港からキングスコートに来る途中も気になった「ダックラグーン」の標識で舗装道路から外れる。だって気になるんだもの。未舗装道路をがたがた走っていると、早くもハリモグラ登場。 でも、噂に聞
全文を見る»»

キングスコートの街:カンガルー島旅行記

2007年11月05日
(二日目続き)キングスコート空港からようやく出発し、まずは島一番の街キングスコートへ向かう。車窓からもクロウタドリやズグロトサカゲリの模様が違うやつ等を見ながら約15分。海辺の小さな街で、奇麗な海と間低い建物ばかりの町並み。やや起伏のある中心部。ランチのためどこに入ろうかと見回したけど、飲食店は2件しかないようだ。そのうちの一つ、ライトハウスカフェではキングジョージホワイティングというキスの仲間を
全文を見る»»

キングスコート空港:カンガルー島旅行記

2007年10月20日
(二日目続き)さすがプロペラ機だけあって、機内はうるさいし揺れるしで、田舎ヘ行くんだという感じ。何しろ20分のフライトなので常に陸地が見えるような高度を飛ぶ。カンガルー島はオーストラリアで3番目の大きさを持つ島で、良く言われるのが東京都の面積の2倍。適当に動き回るには結構大きな島だ。いよいよやって来た。基本的に予定は未定。ついてから考えようと思ってた。観光情報なら掃いて捨てるほど溢れているけど、私
全文を見る»»

アデレード市内:カンガルー島旅行記

2007年10月17日
(二日目)朝起きるとアデレードは寒い!ケアンズに慣れ親しんだ体が引き締まる気がした。今日は昼前の便でカンガルー島に移動するので、午前中少し開いている。とりあえず荷物をフロントで預かってもらい、通りに出てみた。 さて、何の土地勘も予習も地図もないのでどこをどう歩いたらいいやら。見回すと、遠くにHILTONホテルが見えたので、逆方向に進めば町から離れるだろう程度の考えで歩き出した。なんだか、各家に塀
全文を見る»»

ケアンズからアデレードへ:カンガルー島旅行記

2007年10月15日
(一日目)自己負担は約半額くらいで南オーストラリア州アデレードに行ける事になった。野生動物が目的で日程も短いので自由に使える日はカンガルー島に滞在する事に。右も左もわからない大陸に放り出されて彷徨うよりは、島に限定した方が攻めやすいだろう程度の企み。図鑑を見てると、珍鳥も色々いるみたいだけどそこまで追っかけていられる程時間がない。さしあたり野生のコアラ、オーストラリアアシカ、ニュージーランドオット
全文を見る»»

そろそろ限界ですね。もう。

2007年09月25日
久々にまともに雨が降った。せっかくケアンズに旅行に来てグレートバリアリーフに行った人には残念だけど、たまには降ってもらわないと。 この2ヶ月近く、もともと週休二日のはずが週休一日もしくはそれ以下になってしまった。手当はもちろんあるんだけど、私はがんがん働いて稼ぐよりは最低限だけ働いて残りの時間は自然の中で無言でいたり、動物を見ていたいタイプだから当然いろいろ衝突が起こる。 社長から「まだ若いん
全文を見る»»