ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


カテゴリー‘オーストラリア野生動物探訪旅行の記録’

クイーンズランド州6000kmドライブ その5(クリムネウズラチメドリ)

2017年01月15日
オーストラリアの至宝、ムラサキオーストラリアムシクイ。これでもまだエクリプス。 野鳥写真をする人なら、一度くらいムラサキオーストラリアムシクイを撮ってみたいでしょう?彼らはもう美しすぎて、何度も見てるのに涙が溢れそうになる。今ブレイク中のオーストラリアのある野鳥カメラマンも「ムラサキオーストラリアムシクイを撮影してみたくなって、僕は10年前に写真を始めたんだ」とこの間言っていた。
全文を見る»»

クイーンズランド州6000kmドライブ その4

2017年01月12日
ケアンズから走ってくること3000km近く。ようやく目的地に着いた。今日からクリムネウズラチメドリをメインに探す三連泊なのでまともな野営地を探しているとヒヨミツスイが来た。色合いは似ていないが、ボサボサ感はヒヨドリに近いものがある。 初めて見たのはシドニーの西ケイパティーバレーだったが、ヒヨミツスイは迷行して地元アサートン高原で記録されたこともある。 走らなくてもソーラーパネルで全
全文を見る»»

クイーンズランド州6000kmドライブ その3

2017年01月10日
山へ移動しても降り続ける雨は止むことなく。でも山中を歩き始めて程なく目的のチャイロガマグチヨタカを見つけることができた。オーストラリアの三種類のガマグチヨタカの中では一番難しい種。パプアガマグチヨタカの体にオーストラリアガマグチヨタカの瞳を取り付けたような感じで、その上でパプアガマグチヨタカが暮らしていそうな環境にいる。 この天候では結構難しかろうと思っていたが、一晩で4羽見つけた。(Marbl
全文を見る»»

クイーンズランド州6000kmドライブ その2

2017年01月08日
翌日になっても暴風は収まらないが、船も来週に延期されてしまった以上しょうがないのでうろうろする。ムナグロオーストラリアムシクイのオスがよく見られた。 そういえばムナグロオーストラリアムシクイもジョージタウンやアリススプリングスで見かけるのとは別の亜種、オーストラリア東海岸中南部に分布する亜種lambertiじゃないか! エクリプスもなかなか魅力的です。 ヤブツカツクリもケアン
全文を見る»»

クイーンズランド州6000kmドライブ その1

2017年01月06日
ケアンズから南に1800kmくらい運転していくとそこにゴールドコーストがある。そこから沖合の海鳥を観察するために釣り船をチャーターするということが毎月行われており、参加してみることにした。正気な人間は往復3600kmを飛行機で移動するが、地図を見ていたらゴールドコーストまでの途中にある森にはまだ見ぬヒメキスジミツスイが分布している。また、ゴールドコーストから西へ1000km脇に逸れればまだ見ぬクリ
全文を見る»»

4度目のアリススプリングス探鳥 その6(完)

2016年12月28日
ケアンズへ戻る日。夕方まで時間があって「タクシーで動物園へ行こう」とか、「レンタカーして近場をもう一度回ろう」とか幾つか意見が出たものの、最終的にはニシマダラニワシドリをもうちょっと見たいということでまとまって、ヒルトンから徒歩で(と言っても10分程度だが)見に行った。アリススプリングスが初めての他の二人に譲ったわけです。 オーストラリアではオオニワシドリだけは普通種だが、その他のニワシ
全文を見る»»

4度目のアリススプリングス探鳥 その5

2016年12月26日
これ以上ないマルオセッカのアップ。しかしこんな硬いトゲの嵐の中によく住んでいられるものだ。自分にも刺さるだろうに。 ショウキバトはケアンズで探すのがバカバカしくなるくらいに普通にいる。 声だけならオーストラリア屈指の野鳥であるハイイロモズツグミ。鳴き方のバリエーションに富み、以前アサートン高原北部にて「わーわーわわ、ホゲチュー ホゲチュー!」と鳴いた奴がいる。 Sturts
全文を見る»»

4度目のアリススプリングス探鳥 その4

2016年12月24日
ヨーク半島に分布するのとは異なる亜種のアカマユホウセキドリ亜種rubricatus。 画面左上の茶色い飛行物体。それはムネアカミフウズラだ。 マルガアントの巣は誰しも目がいく。 入り口は完全オープンだが、彼らは基本的に夜行性らしく姿は見かけなかった。 仲間が見たい見たいと言っていたジサンショウクイが3羽上空を通過。確かにオーストラリアのサンショウクイの中では最も難しく、
全文を見る»»

4度目のアリススプリングス探鳥 その3

2016年12月22日
立派なスピニフェックスの写真を見ると脈が上がる、脂汗が出るくらいじゃないとオーストラリアでバードウオッチングをしたとは言えないね。アウトバックの多くの野鳥がこう言った環境で見られる。 スピニフェックスはくるぶしやスネに突き刺さって血が出るので、厚手のジーンズを暑さを我慢して履くかゲイターを着用するといい。苛酷な環境に生える変態的な植物と言える。 私はバードウオッチングに加えてセスジムシクイ
全文を見る»»

4度目のアリススプリングス探鳥 その2

2016年12月19日
ムラサキオーストラリアムシクイのメス。 フェラーリに乗った日本人による4名死亡大事故があっても、無人の広大な土地はこの手のレース開催地としてこれほど都合の良い場所はない。ちょうど私たちがアリススプリングス入りしたこの日は、この砂漠大レースの最終日であり「狂った連中がいっぱい道路やレストランにいるから気を付けろ」と言われていた。 私は一番釘付けになったのは、色白で小太りで背が低くく、『狼的集
全文を見る»»