ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


カテゴリー‘オーストラリア野生動物探訪旅行の記録’

ダーウィン滞在15日間 その3(セアカミフウズラ)

2017年02月15日
オーストラリアの古典映画「クロコダイルダンディー1」への登場で知られる展望台。地平線まで人間も人工物も道も見えませんね。国立公園自体が日本の四国並みに大きく、その広さが丸ごと居住や開発ができなくなっている。 こういう国のフィールドで仕事をしていると、日本を含むアジア的雑踏や混雑が苦手になるのは致し方ないと思う。オーストラリアでは人間一人あたりの面積が世界でも最も広く、一人一人の人間が広い空間
全文を見る»»

ダーウィン滞在15日間 その2(コミミイワワラビー)

2017年02月13日
アイアンレンジなどで頑張るよりもダーウィンではズアカミツスイが普通に住宅街に見られる。クレナイミツスイじゃないよ。 ズアカミツスイのメス。 チャールズ・ダーウィン国立公園でノドジロハチマキミツスイ。チャールズダーウィン国立公園とかチャールズダーウィン大学とか名前が凄すぎる。普通に会計とかITを学んでいる学生もいるんだろうが、全員バイオロジストのような気がしてしまう。 近年アカ
全文を見る»»

ダーウィン滞在15日間 その1(ムナグロヤイロチョウ)

2017年02月11日
2016年の8月、2件の野鳥案内が重なって私は15日ほどダーウィン一帯で過ごすことになった。もう正確にはわからなくなってきたが、10何回目のはず。ケアンズ以外では最もよく出かけるところでありイコール最も細かく知っている探鳥地とも言える。 ダーウィンというところは不思議な町で、毎回調べるたびにお得なホテルがまちまちである。その結果過去10数回の訪問において毎回異なるホテルを利用しており、町の規模か
全文を見る»»

クイーンズランド州6000kmドライブ その9(ヒメキスジミツスイ)

2017年02月04日
内陸部から1000kmを走り、沿岸部の都市ゴールドコーストにやってきた。 ここから毎月一回、海鳥同好会が釣り船をチャーターして沖合の鳥を見に行くということを行っていてそれに参加する。なお悪天候の予報のため直前に一週間延期されたのは以前書いたとおりである。定員10名程度の釣り船で太平洋の外洋、大陸棚の終わるところまで出ようぜということがどれほど無謀なことかわかるだろうか?言い方を変えれば「かなり海
全文を見る»»

クイーンズランド州6000kmドライブ その8(クルマサカオウム祭り)

2017年01月29日
ちょっと気分転換に別の探鳥地を覗きに行く途中で大量のクルマサカオウムに出会う。クルマサカオウムは内陸部に暮らし、善良な市民には縁のないオーストラリアのオウム界のボス的存在の一種だがこれほどの群れを見たのは始めてだ。 一部はモモイロインコがクルマサカオウムに偽装中。 キング・オブ・オウムが100羽以上いる状況。 なおクルマサカオウムに二つの亜種があり、こちらは亜種leadbea
全文を見る»»

クイーンズランド州6000kmドライブ その7

2017年01月22日
クロズキンヒタキはニューサウスウェールズ州やビクトリア州では他の森林性の野鳥とともに減少しているようで、現地では重要な扱いだがクィーンズランド州では比較的豊富にいる印象。それはアカオクロオウムにも言える。 こちらがクロズキンヒタキのメス。 フタイロヒタキ。ここはホント小鳥の多い土地だね。 ここの保護区はオオカンガルーとアカカンガルーの分布が重なっているようで両方見かける。
全文を見る»»

クイーンズランド州6000kmドライブ その6ハジロオーストラリアムシクイ

2017年01月19日
クリボウシオーストラリアマルハシは昔サウスオーストラリア州で遠くに見ただけだったが、こうして地元クィーンズランド州で再会できて嬉しい。二日目の午後ともなると広大な保護区も名のある場所はざっと目を通し、良い場所を絞り込める。 300mmでこんなに近くまで寄れる。 セイキインコのペア。 "Many-colored Parrot"の俗称が存在する通り、オスはもうありったけの色をぶちまけ
全文を見る»»

クイーンズランド州6000kmドライブ その5(クリムネウズラチメドリ)

2017年01月15日
オーストラリアの至宝、ムラサキオーストラリアムシクイ。これでもまだエクリプス。 野鳥写真をする人なら、一度くらいムラサキオーストラリアムシクイを撮ってみたいでしょう?彼らはもう美しすぎて、何度も見てるのに涙が溢れそうになる。今ブレイク中のオーストラリアのある野鳥カメラマンも「ムラサキオーストラリアムシクイを撮影してみたくなって、僕は10年前に写真を始めたんだ」とこの間言っていた。
全文を見る»»

クイーンズランド州6000kmドライブ その4

2017年01月12日
ケアンズから走ってくること3000km近く。ようやく目的地に着いた。今日からクリムネウズラチメドリをメインに探す三連泊なのでまともな野営地を探しているとヒヨミツスイが来た。色合いは似ていないが、ボサボサ感はヒヨドリに近いものがある。 初めて見たのはシドニーの西ケイパティーバレーだったが、ヒヨミツスイは迷行して地元アサートン高原で記録されたこともある。 走らなくてもソーラーパネルで全
全文を見る»»

クイーンズランド州6000kmドライブ その3

2017年01月10日
山へ移動しても降り続ける雨は止むことなく。でも山中を歩き始めて程なく目的のチャイロガマグチヨタカを見つけることができた。オーストラリアの三種類のガマグチヨタカの中では一番難しい種。パプアガマグチヨタカの体にオーストラリアガマグチヨタカの瞳を取り付けたような感じで、その上でパプアガマグチヨタカが暮らしていそうな環境にいる。 この天候では結構難しかろうと思っていたが、一晩で4羽見つけた。(Marbl
全文を見る»»