ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


カテゴリー‘ケアンズで釣り’

アングラーファイル

2012年10月28日
仲間が帰国して以来、ぷっつりと辞めてしまった釣り。でも十代後半から二十代前半に人生の多くの時間を割き、沢山の夢のような思い出をくれた釣りと釣り人への共感は褪せることはない。 あまりにも「ある人」に雰囲気が似ている釣り人をオーストラリア大陸の南西角っこで見かけたのでパチり。 釣り師とバードウォッチャーは獲物がいるところであれば、地の果てまでもヤブをかき分け、崖を滑り降り、こうして出没する。 こ
全文を見る»»

引っ越しの際に

2009年08月12日
把握している以上のタックルがあちこちから出てきて衝撃であります。 もう昔程釣りをする事も無い気もするのでその中の一本、日本に居るときからの相棒だったロードランナーRR650MHを知人に里子に出した。これまでどれだけの魚を釣ってきた事か。 活躍を祈る!親として。 しかしpossomさんから預かっているタックル、妖刀Mシリーズはこのままでいいのだろうか...。
全文を見る»»

バラクーダ再び

2009年07月16日
すごいボイルがあったと聞いた某所へ。ミノーをトゥイッチさせると一投目からアタリがあり35cm位のバラクーダがヒット。まぁ一応写真撮っておくかと思ってデジカメを出したら電池が無かった...。これは携帯の写メで。そこそこ写るのだな。 その後も何度も同じサイズのバラクーダのアタックがありもう一匹追加。しかし、お呼びでない。ボイルはどこだ? 一度、明らかに大きな魚がヒットし2?3秒やり合ったがフッと外
全文を見る»»

冬のうちに

2009年07月11日
まだ先だけど、暖かくなってくるとタチウオが釣れなくなるので今のうちに調達に。ロングビルミノーをトゥイッチしていると飛びかかってきたタチウオ。アベレージサイズ。 かなり久しぶりに釣りにきたので、開始10分で獲物があって安心した。居る事がわかったので、あまり叩かんと別の場所もチェックしに移動。 同じように10分後に再びタチウオが飛び出してきたけどうまくかからなかった。彼らを相手にしていると多少のミ
全文を見る»»

キスの餌釣り

2009年05月11日
もう一週間程ぐずついた天気が続いていて、休日も出かける気にならないので家で停滞。午後から、思い立って浜に餌釣りに出かけてみた。竿一本だけ、釣り道具はひと掴みだけをビニール袋に入れただけという完全にやる気なしモード。でもそろそろシーズンだと思うので。 珍しく冷凍ゴカイを入手したので初使用。 (最近は普通に手に入るのかもしれないけど、基本的に私はルアーの人なので知らない) ハリスもなし、道糸に針を
全文を見る»»

もうちょっと!

2009年04月06日
夕方少し時間があったのでピアに行って来た。久しぶりだから、手堅く餌釣りでと思ったけどやはり好きなのはルアーなのでセブンイレブンをもって出撃。 一時間ほど投げて2.5mの満潮まであと一時間、となったくらいに9cmミノーがいきなり引っ張られるような感覚。バラが吸い込んだか、あるいは何か魚がラインに当たったか。 数分後には「がっこん」という明確なアタリがあれども乗らず。さぁさぁ、ベストタイムか!と言
全文を見る»»

魂のタックル

2009年04月01日
これらは、友人が長年愛用していた魂のタックル達。釣り上げた魚は数知れず、ともに戦いともに放浪に出、野宿をし、無数の思い出が込められたタックルです。 やむを得ない事情でケアンズを離れる事になり、「もらって欲しい、既にいろいろ持ってるのは知ってるけど他の人よりも」との事。 特にそのうちの一本は彼が肌身離さず、この赤い大地を駆け回った相棒であり、もらうにはその存在はあまりにも重たく、というか全部で$
全文を見る»»

久々です!

2009年01月20日
もう一つの趣味であるバードウォッチングに押されてすっかり釣りがご無沙汰になってました。でも、今年もターポン祭りの時期を迎えるにあたってちょっと腕慣らしにルアーを投げに。あれ?リールが壊れてる...。 早朝3時間(大雨)で数回あたりがあって一匹名前のよくわからない青物をキャッチ。去年もこれ釣れたなぁ。雨でカメラを取り出すと壊れそうだったので写真はないです。 さぁ今年も頑張って釣りをしないと!
全文を見る»»

トレバリーなど

2008年06月21日
1日チルト室に置いておいたら変色したトレバリー。基本的に昼の魚のはずだけど、夜に釣ったのは二度目。一度はエビ餌で、今回は2gスプーンで。 ついでにタチウオも同じ2gスプーンと5LBナイロンライン(リーダーなし)で...。釣れるもんす。またpossumさんに怒られそうだ...。 下げ潮に入ったとたんばたばたっと3匹釣れた以外はしーんとしてた満月の夜。
全文を見る»»

タチウオ あれ?

2008年06月17日
はい。 一ヶ月前に、タチウオ狙いは確かに封印しました。 でも家計が緊急事態に突入し、純粋に食べ物として穫りに行った。最近はいろいろやる事が多くて釣り自体久しぶりだ。 トップバッターは昔、マググレーブ川の貸しボート屋の壁にパッケージではなく裸で引っ掛けられていたルアー。「これはどこのルアー?」と聞いたら「知らねぇよ」とボート屋の親父に言われたかわいそうなルアー。早めにただ巻きするとなかなかいい動きに
全文を見る»»