ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘ケアンズバードウォッチング’

ヨコフリオウギヒタキ

2007年10月16日
ほぼオーストラリア全土、幅い広い環境に生息しケアンズでも簡単に出会う事が出来るヨコフリオウギヒタキ。なかなかじっとせず、飛んだり跳ねたりおしりをふりふりしたりと忙しい。オーストラリアに来た当時、こういうユニークな動きや顔構えの鳥が普通に市内にいる事に驚いた。  動きも面白いけど、気が強く、自分よりも遥かに大きな相手にもモビング(体当たり等の威嚇行動)する。ワライカワセミはもとより、アカハラオオタカ
全文を見る»»

ワライカワセミの声

2007年10月06日
ひさしぶりにケアンズ野鳥の会の定例探鳥会に参加。やや遅刻。いつも同じ場所を歩くので、恐らくこの辺りで待ち伏せできるだろうと踏んだが全然一行は現れず。仕方なく諦めて一人ゆっくり歩き出す。  そろそろケアンズは初夏に入ろうとしている。渡り鳥達の到来も始まっているようだ。パプアソデグロバトの「うぅー」という鳴き声が懐かしく嬉しい。ニュージーランドから来た、というバードウォッチャーと出会い話す。 ニュージ
全文を見る»»

ヤブツカツクリ

2007年10月06日
(画像差し替え、追記)和名ヤブツカツクリ。ケアンズ周辺の山や森のなかで非常によく見る。全然警戒しない。大きな足で落ち葉を後ろに掻き出して実や虫を食べる。飛ぶ事もできるけどどうにか浮き上がる感じ。速度や飛行時間は最低レベル。よく「あの鳥はなんですか?」とツアー中に聞かれる鳥でもある。よくガイドさんが「七面鳥です」とか「ブッシュターキーです」とか答えてるけどどちらも間違い。 落ち葉を集めて時には高さ3
全文を見る»»

オーストラリアの野鳥図鑑/フィールドガイド 一覧レビュー

2007年09月28日
このページでは数あるオーストラリアの野鳥図鑑などのなかから、  ①オーストラリアを主な対象にした本であり、  ②私が実際に所有していて、  ③且つAmazonなどにより日本からも入手が可能そうなもの、 の条件を満たす物を抜粋した。 【通称 "A B G"】2017年に発行された現状最新鋭の総合オーストラリア野鳥図鑑。この、どうしようもない大きささえ耐えられるのならもちろ
全文を見る»»

ミナミアオバズク

2007年09月28日
枝、葉かぶりまくりだけど日中の姿はあまり見ないのでとりあえず。オーストラリアには、オニアオバズク、アカチャアオバズク、ミナミアオバズク(旧ニュージーランドアオバズク)、オーストラリアアオバズク、そして普通のアオバズク(珍鳥)の計6種が記録されている。 色/模様の個体差も結構ある。
全文を見る»»

ハチマキミツスイ

2007年09月23日
ハチマキミツスイの給餌の瞬間。最低だ。こんなシャッターチャンス2度とないのに、コンパクトデジカメがマクロモードとか変な設定になってたからブレブレ。悔しい。被写体までの距離は30cmくらいだったかな。 悔しい?! ヒナは体長10cm程度。地上近くの薮で、ずっと親鳥を待ってた。 和名:ハチマキミツスイ 英名:White-naped Honeyeater 学名:Melithreptus lunat
全文を見る»»

オオソリハシシギ 他

2007年09月19日
日差しが気になるくらいに暑くなって来て、エスプラネードを散歩したら随分鳥が増えて来た。写真のオオソリハシシギの他にもいろいろ。 ダイサギやカオジロサギ、ハシブトアジサシ(Brとnon-BRミックス)、オニアジサシ、アカエリシロチドリ、ササゴイ、ミヤコドリ、ハシブトオオイシチドリ、ギンカモメ、カタアカチドリ、トウネン、コシグロペリカン、ウズラシギ、キアシシギ、チュウシャクシギ、ダイセン(半Br)
全文を見る»»

バードウォッチングツアー 報告9月中旬

2007年09月15日
今回のバードウォッチングツアーでアオアズマヤドリ(オオアズマヤドリ)が出ました。その他にも今回は神がかっていました。(写真は無関係です) コウロコフウチョウ、オオニワシドリ(そこらじゅう)、ミミグロネコドリ、オーストラリアオオノガン、チャイロハヤブサ、オナガイヌワシ、カワリオオタカ、セアカオーストラリアムシクイ、オニカッコウ(♀)、トサカレンカク、カワセミ7種類のほか、あまり普通見ないハナジ
全文を見る»»

ハイガシラヤブヒタキ

2007年09月10日
ケアンズ周辺熱帯雨林の固有種12種類(人によっては13?14種類)のうちの一つ、ハイガシラヤブヒタキです。いつも日の当たらない暗い林床をぽんぽん飛んでいるんだけど、珍しく駐車場の縁までつがいで出てきた。 「…ひ…ひ、…ひ、ひ、ひ。 …ひ…ひ…」という独特の鳴き声は他の何の音とも似ておらず、間違える事はないでしょう。 学名:poecilodryas albispecularis 英名:Grey-he
全文を見る»»

オウゴンニワシドリとバーダー

2007年09月04日
この三週間でようやく2回目の休みが取れたのでバードウォッチングに行って来た。ランチにしようと途中で買ったホットドッグと春巻きを広げて食べていたら頭上に写真のオウゴンニワシドリがやってきた。アサートン高原の固有種12種の中で恐らく最難関の一種。特に成鳥オスは少ない。 げげ。カメラも双眼鏡も車の中だ。なんであなたはいつも手ぶらのときに出て来るのかね。(左の写真はアサートン高原の野鳥ガイド、ベンのパン
全文を見る»»