ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


カテゴリー‘ケアンズバードウォッチング’

アリススプリングス三日間で観察した野鳥

2016年12月15日
現地ガイドを含む、オーストラリアの野鳥ガイド3人組による成果。実質二日間で見てしまい、三日目は結構遊んでいた。 オーストラリアカタグロトビ シロビタイミツスイ キビタイツバメ ズアカガケツバメ ズグロトサカゲリ タテガミガン ハイイロオウギヒタキ コバシムシクイ アキクサインコ アカオクロオウム ヤドリギハナドリ ショウキバト ノドグロハチマキミツスイ ハイビタイコバシ
全文を見る»»

イチジクインコを目線の高さで見るには

2016年09月19日
オーストラリア最小のインコであるイチジクインコは、その色も大きさも周りの葉っぱと変わらない。この小さな鳥を目線の高さでじっくり観察するには、彼らが夢中になっている食事中以外にない。 毎日稼働している野鳥ガイドはそんなイチジクインコが好む実のありかをケアンズの公園だけでも少なくとも数本、普通は何十本と把握しているので「イチジクインコは重要で、しっかり近くで見たい」と伝えておけば年中見せてく
全文を見る»»

ホエザルを彷彿させるスマトラサギの咆哮

2016年09月17日
体全体を震わせてスマトラサギはまるで哺乳類のような驚きの鳴き声を出す。動画で確認してほしい。 オーストラリア人にはスマトラサギは絶大な人気で、ある野鳥ツアー会社のロゴマークにもなっている。なぜか水鳥が好きではない日本人には不人気。「水鳥以外を見るツアーを」とリクエストする人もいるが、区別する理由はなんだ? こちらはまだ巣に残っているスマトラサギの幼鳥。すでにかなりの大きさながら
全文を見る»»

モリショウビン通り

2016年09月13日
最近のケアンズツアーで欠かすことのできない探鳥地に昇格した「モリショウビン通り」。画面に収まりきらないだけであと2羽、全体で10羽以上いる。こういった小規模なホットスポットは週6日バードウオッチングしていて年間数万キロ走っている地元野鳥ガイドの独壇場だと思う。いつまでも好調なわけではない。かつてはオオニワシ通り、アサヒスズメ通りなどもあったが消滅しているし、それらは探鳥地ガイドブックなどに乗る
全文を見る»»

キバラモズヒタキ

2016年09月11日
キバラモズヒタキはもっと人気があってもしかるべき美しい野鳥だと思う。ケアンズ周辺では標高の高い森に見られ、その声も素晴らしい。熱帯雨林での夜明け前コーラスの中心の一つ。 一転してメスは地味で、別の鳥にさえ見える。キバラモズヒタキは若いオスもこのスタイルで、しかも若いうちから上手に歌ったりするからますます別の鳥に見える。 学名 : Pachycephala pectorali
全文を見る»»

あまり出回っていないシラオラケットカワセミの幼鳥写真

2016年08月16日
シラオラケットカワセミの幼鳥がケアンズ周辺をウロウロしているのはわずか一ヶ月あまりであり、その頃は一般的な探鳥には超絶オフシーズンなのでネット上でも見かけることの少ないシラオラケットカワセミの幼鳥の写真。 成鳥のような優雅な長い尾はすぐには手に入らないので、誰だかわからないくらい似ていない。実際にシラオラケットカワセミの幼鳥をキバシショウビンと誤認したらしいケースが報告されている。
全文を見る»»

9月、10月に多少の空きが出ています

2016年08月06日
↑ハジロオーストラリアムシクイ(クィーンズランド州南部) 一旦は全て埋まっていましたが、キャンセルで9月、10月に多少のスケジュールの空きが出ています。タスマニアを除きほぼオーストラリア全土がベストシーズンと言える春にあたり、ご都合が合いそうな方がいらっしゃいましたらお問い合わせください。  ① 9月24日から29日にかけて  ② 10月19日から22日にかけて なお①の方は野鳥写真が
全文を見る»»

片目がおかしいオーストラリアガマグチヨタカ

2016年08月04日
オーストラリアガマグチヨタカは広く乾燥林に暮らしている。ケアンズ周辺ではこの種よりも近縁で熱帯雨林に暮らすパプアガマグチヨタカの方が見かける機会が多い。どちらの種類も気に入った縄張りには長年定着するので、新しいガマグチポイントの発見は嬉しい。 なんだか表情豊かな個体。 と思ったら左目が少々おかしいようだ。今後とも宜しくね。
全文を見る»»

モリツバメ大集合

2016年07月31日
日中はバラバラに行動しているのに夜だけネグラに集合する鳥というのは結構いるが、モリツバメのように必要以上に密着する種は珍しい。「目白押し」の語源はメジロ達が並んでくっつくからというけど、「モリツバメ押し」の方がオーストラリアではふさわしい。 両端に位置する個体はなんか損した気分だな。こういった写真にはまだ工夫できそうなことがいろいろとある気がする。↓モリツバメの上空を流れていくのは出発す
全文を見る»»

ヒメミツユビカワセミ2016

2016年07月27日
ヒメミツユビカワセミは年にもよるが乾季の間はケアンズ周辺で比較的見やすくなる。ただ雨季の方が見易いという友人の土地もあり、以前から書いているようにこの種は季節移動をしており詳細は解明されていない。季節移動の途中としか考えられないような場所に現れたこともある(私の家の物干し竿やケアンズ市内のカフェとか)。 カワセミというかメジロやムシクイ類のサイズ感なので、300mm程度の機材だと10m以
全文を見る»»