ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


カテゴリー‘ケアンズバードウォッチング’

シラボシリュウキュウガモ2016

2016年07月13日
このシラボシリュウキュウガモ達の画像は2016年ケアンズ市内でのもの。シラボシリュウキュウガモは私にとって思い入れの深い野鳥だ。オーストラリアのバーダー憧れの珍種が突如として群れでケアンズ郊外に現れ、お祭騒ぎとなった2011年に偶然立ち会った以外でも、実はシラボシリュウキュウガモが少なくともその三年前の2008年からケアンズ郊外に現れていたことを観光パンフレットに写り込んでいる画像から後日突き
全文を見る»»

ワライカワセミの巣立ち!

2016年07月09日
昨年のこと。ツアーがてらワライカワセミの営巣を探していてが見つからなかったので、マリーバ在住の後輩に「営巣を探しておいて」と頼んでいたのだけど「見つけました」と聞いたのは本来の繁殖時期である冬〜春ではなく、年も越そうかというほど完全夏になってからである。見つからなかったのではなく、少雨の為か何かで営巣自体していなかったのだ。2015年はワライカワセミの繁殖開始がとてつもなく遅い年となった。
全文を見る»»

シラオラケットカワセミがいない秋冬

2016年07月05日
ワイバードの創業直後から続く12月のケアンズバードウオッチングツアー。もう十年以上続いても満席につき追加募集だそうです。12月にツアーをする理由は、シラオラケットカワセミがいて且つ雨や蚊の大群、サイクロン襲来に悩まされないのはわずか一ヶ月あまりしかないからだ。だから私は、1月下旬にツアーをしましょうと言われても「いいえ。」とその場で断るだけのプロ意識は持っている。それはケアンズツアーに限らず、
全文を見る»»

ケアンズ市周辺にいた野鳥

2016年07月01日
いつも覚えてもらえないサメイロミツスイ。名前が相応しくないのだと思う。 謎の多いオーストラリアアナツバメ。オーストラリアアナツバメ(Australian Swiftlet)は旧コシジロアナツバメ(White-rumped Swiftlet)のこと。 イチジクインコ。 トサカレンカク。 シロガシラトビ。 オーストラリアイシチドリの親子。 サメイロミツスイ。
全文を見る»»

ヨコジマテリカッコウ

2016年06月28日
近縁種でより数の多いアカメテリカッコウに比べ、より明瞭なヨコジマを持っていることでそれがメスであっても識別できるヨコジマテリカッコウ。まあ声はまるっきり異なるので、鳴いている場合は姿を見る前から識別できることになる。 青銅色の背中は美しい光沢を持っている。小さい鳥なので、条件に恵まれないとなかなかこの色までは認識できないが。托卵相手はオーストラリアムシクイやトゲハシムシクイ。
全文を見る»»

ケアンズでキンショウジョウインコ(亜種minor)

2016年06月24日
キンショウジョウインコには2つの亜種があり、オーストラリア南東部に広く分布する亜種scapularisは公園や庭などにもいるようなごく普通種としてお馴染み。一方ケアンズ周辺の亜種minorはまるで別の鳥と言って良いほどちゃんと見るのは難しい。こちらはオス。小顔で羨ましいです。 こちらがメス。 こちらが中間(?)。 難しいキンショウジョウインコ(minor)は恐らく一時的に20-3
全文を見る»»

マミジロアジサシ他

2016年06月20日
ケアンズ沖合では万単位のセグロアジサシが暮らしているが、その中には恐らくよく似たマミジロアジサシも何十羽かが混じっている。ガイドを頼まず個人で海鳥を見に行った人がほぼ確実に見落として帰ってくる野鳥の一つ。他にはヒメクロアジサシ、アカアシカツオドリ、コグンカンドリ、冬羽のベニアジサシなども見落として帰ってくる。鳥を見にはるばる来たのか、節約するためにはるばる来たのか…? こんなところに
全文を見る»»

2015年終盤熱帯雨林系の野鳥

2016年06月14日
後ろからピヨピヨ圧力を受けるキアシヒタキの親。 暗い熱帯雨林にて一秒としてじっとしない強敵オウギヒタキ。 今や日本のそれとは別種に昇格、(パシフィック)キンバト。 日本語では誰も紹介しない状態が長年続いているキノドヤブムシクイ。 ニワシドリの魅力が詰まったオウゴンニワシドリ。春夏で少人数の時に。 「お腹がすいてきたよ。」
全文を見る»»

2015年終盤アウトバックの野鳥後編

2016年06月10日
【お知らせ】これまでこのブログでは、7千枚という数の写真を安い共用サーバーに格納するため大幅に画質を落として十数年間アップロードを続けてきた。事情が変わりつつあり、この投稿から先は世間平均的な画質にてアップロードします。 アウトバックの赤土や枯れ野の赤みを帯びた背景は大好き。キイロミツスイさえ違ってみえる。 年によってはほとんどいない事もあるキンカチョウ達。 オーストラリア最小の
全文を見る»»

2015年終盤アウトバックの野鳥

2016年06月07日
未だに昨年の在庫が終わらず、それは増える一方なのでちょっとスピードを上げてアップすることにした。ケアンズから走ること何百キロか、アウトバックの始まり始まり。コシアカショウビン。 キバシヘラサギとオーストラリアセイタカシギ。 2015年ケアンズ近郊アウトバックでおそらく一番の珍鳥、ベニオーストラリアヒタキ。人間が極端に少ないオーストラリアでは、第一発見者がそのまま最終目撃者、唯一目撃
全文を見る»»