ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘ケアンズバードウォッチング’

5月上旬カワセミスペシャルツアー改 報告

2019年05月06日
ゴールデンウィークカワセミ類を中心に幅広く野鳥を探すツアーをした。特筆すべきは5月2日になってもまだシラオラケットカワセミの成鳥を見つけたことで、最も遅い記録の一つだと思われる。4月25日頃に地元ガイドが見たとされてからもう何日も経っていたシラオラケットカワセミ幼鳥も別の場所で発見・撮影した。時期外れのシラオラケットカワセミがリストに加わったことで、ボートツアーなどをまだしていないのにカワセミ類8
全文を見る»»

アサートン高原の朝の探鳥

2019年05月02日
昔から続いている探鳥会がウチの近所に来るというので合流した。時間にして2-3時間の観察。ケアンズからは片道1時間以上の山越えを含む道のりだが、アサートン高原そのものに住んでいるということは素晴らしきこと哉。よく言っていることだけど、私は公式なツアーの時は自分の撮影は通常しないので鬱憤がたまる。こういう機会にまとめて撮っておく。 オーストラリア南部には赤やピンク、オレンジなど素晴らしい派手なヒタキ
全文を見る»»

メンフクロウポイント開拓マランダ周辺

2019年04月26日
ご存知の通りアサートン高原マランダに住んでいる。そこは探鳥地のど真ん中であり、ヒメススイロメンフクロウやオーストラリアアオバズク、メンフクロウなどが夜間姿を見せる。古くから私がツアーで使っているポイントもあるけど、マランダに住んでいると住民以外決して通ることのないようなマイナーな道を通ることだって時々ある。例えば植林ボランティアの時だとか、不用品を売り買いするサイトGumtreeで見つけたものを一
全文を見る»»

日本発着 アデレードとカンガルー島ツアー 8月に募集中です

2019年04月20日
セイキインコのオス。 オーストラリアの至宝、ムラサキオーストラリアムシクイの繁殖羽。 クリゴシウズラチメドリ。 クロカンガルーのカンガルー島亜種。 オーストラリアアシカ。 ハリモグラ淡色型。 サザンコアラ。野生。 ムネアカセイタカシギ。 コシグロペリカンの密集。なんか現代アートみたい… 絶滅危惧種ズグロチドリ。 ヒムネキキョウインコ野生。 セイキインコのつがい。 ア
全文を見る»»

日本発着 ヨーク半島アイアンレンジツアー 10月に募集中です

2019年04月18日
日本の野鳥旅行会社であるワイバードでは10月に日本発着ヨーク半島アイアンレンジツアーを募集中で、催行される場合は私が現地案内人になります。新しい鳥を見たい、それも周囲の人がまだほとんど見たことがないような鳥が見たい、というかたにはオーストラリア有数の僻地であり且つ固有種で溢れるヨーク半島以上の目的地はありません。ツアー主催は株ワイバードですので、お問い合わせやお申し込みはワイバードへお願いします。
全文を見る»»

朝日新聞社から1時間ほどの取材

2019年04月12日
ダーウィンの野鳥や私自身について朝日新聞社から1時間ほどの取材を受けたものが朝日新聞デジタル&に公開されました。写真22枚も私のものです。オーストラリアの有力紙の毎日の発行部数と比較すると(ザオーストラリアン10万部、クーリエメール20万部、ヘラルドサン50万部)、朝日新聞の570万部は怪物ですね。ダーウィンを訪れる野鳥ファンが少し現れればいいけど直行便がないのが…今年は9月に行くけど21日からの
全文を見る»»

キミミミツスイ

2019年04月10日
キミミミツスイは山間部に暮らすミツスイ。もう少し下の標高には弟分のコキミミミツスイや末っ子のハシボソキミミミツスイがおり、標高400-500mの冬場だとこの全3種類が入り混じり、かつそれぞれに複数の亜種があるためみんなよく間違える。オーストラリア人でもキミミ三兄弟の識別は間違える。私のジョンストンベンドは725mの標高があり今の所キミミミツスイしか出現していないが、アサヒスズメやスマトラサギの記録
全文を見る»»

希少なササフミフウズラの動画

2019年03月27日
2018年11月のツアーの1日で撮影されたもので、写真さえあまり存在しないササフミフウズラのほか、ヒメジャコウインコやオーストラリアヅル、ヌマウズラ、オオカンガルーなどが登場します。
全文を見る»»

野生のコキンチョウ調査(ケアンズ郊外)その3

2019年03月25日
調査対象のコキンチョウの声は蚊の鳴くように小さく、しかもあまり変哲もない。ムシクイ系の小鳥のコンタクトコールならかなり経験のある調査員でも普通に間違える。このノドジロセンニョムシクイ幼鳥の餌をねだる声とかもそっくりだった。 上半身の小ささと、下半身の大きさが全く合っていないアカワラルーの子供。二本足走行としては圧倒的なカンガルー類の走力をここに見た。 着生蘭であるブラックオーキッド。 コキン
全文を見る»»

野生のコキンチョウ調査(ケアンズ郊外)その2

2019年03月21日
何度かササフミフウズラが鳴いてるな、と思ってたら足元から飛び出して、着地するまでに数枚の写真を残す事が出来た。2秒〜2.5秒の時間があれば飛び出した鳥に空中でピントを合わせてシャッターが切れる自信があるし照準器も全く必要ないが、年齢とともに出来なくなるかな? コシアカヒバリモドキに圧倒されていたが、タイワンセッカもディスプレイ中だった。個人的にはこの手の草原系の小鳥のディスプレイの中ではズアカオ
全文を見る»»