ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


カテゴリー‘ケアンズ動物’

ケアンズのダニ

2015年04月25日
湿った森や牧草地などで足にくっついてくるのがダニ。特に夏。これを完全に防ぐのは難しく、服の上や靴の上からも多めに虫除けスプレーを吹きかけることしかない。長ズボンだろうが、ゴム長靴だろうが虫除けをしつこくしていなければ無力。ただ経験上これらに噛まれても(その回数は100回を楽に超えている)数日かゆい以外は特別害はなく線虫のように跡が残ることもあまりない。ダニに噛みつかれているのを発見したら私は爪
全文を見る»»

離さないオオハダカオネズミ

2015年03月05日
「このマンゴーの実は私の物であり、」 「決して手放さないよー。」byオオハダカオネズミ
全文を見る»»

落ち葉が食事に マリーバイワワラビー

2015年02月22日
植物の乏しい、険しい岩場地帯に暮らすマリーバイワワラビーは枯れ落ち葉でさえ食事にしている。 ↑その辺の映像。
全文を見る»»

Northern Leaf-tailed Gecko

2015年01月30日
ケアンズ周辺の夜の熱帯雨林散策でのボーナス、Northern Leaf-tailed Gecko。日中はうろや木の割れ目などに隠れているため見られないはずだけど、なんと白昼に幹に張り付いて寝ているのに遭遇。昼間は初めて。目蓋もカモフラージュ模様をしている。 更に嬉しいのは、再生尾ではなく棘びっしりのオリジナル尾だったこと。再生尾だとこの棘はなく、印象は弱くなってしまう。 Nort
全文を見る»»

サバクアマガエル

2015年01月13日
コンクリートにくっついているために茶色系に色を変えたDwarf Treefrogねと思って撮って帰っけど、改めて見てみればこの色や頭の形はLittle Red Frogだった。Little Red Frogはサバクアマガエルという和名の通りオーストラリアの内陸中央部にまで分布する一方で、純熱帯雨林や水辺にも生息している不思議な種類。オーストラリアの野鳥でそんな汎用な分布を持つ者はいない。
全文を見る»»

Chevert’s Gecko

2015年01月04日
もう結構前のことになってしまったけど、ケアンズ市内夜間生物観察会で観察されたCheverts Gecko。ケアンズからクックタウンにかけてしか分布していない重要な一種なのに、外来種ホグロヤモリがケアンズ周辺を圧倒的に優占しているなか「どうせホオグロヤモリだろ」と反応が一歩、いや4歩くらい遅れる。そのうちにこんな隙間に入ってしまった。 色は灰色だったり茶色だったり白かったりと様々。またちゃ
全文を見る»»

シモフリバンディクートその2

2014年12月28日
野鳥ガイドの仕事の際は自分の一眼を使用しない主義なのでコンデジや片手で使える小さいビデオカメラくらいしか持っていない。それでも動きの遅い動物であるシモフリバンディクートは懐中電灯の明かりを利用すればコンデジでもこうしてけっこう撮れる。 この有袋類は夜間に林床を走り回って昆虫や浅い地中の幼虫などを捕まえて暮らしており、森の中のロッジなどに泊まっていると一晩中ガサガサ音が外から聞こえてくる。
全文を見る»»

キアシアンテキヌス

2014年12月20日
標準和名はキアシアンテキヌス。長い交尾の果てにオスが力尽きて死んでしまう習性だけが異常に、ほんとそこだけが異常に有名。なおオーストラリアではアンテキヌスとフラットに発音しても通じない。「アンティ カーイヌス(”カー”の部分に強いアクセント)」と発音しければならない。基本夜行性ながら日中でも比較的活動する。 キアシアンテキヌスはタスマニアデビルなどとも遠縁で主に肉食でもあるのだけど、果物や
全文を見る»»

むしろココでは珍しい淡色型フクロギツネ

2014年12月05日
フクロギツネはケアンズなどの熱帯雨林地域では赤茶色の毛皮をまとっているが、ブリスベンやシドニー、ニュージーランド(移入種)などそれ以外の地域では灰色をしている。ケアンズでは熱帯雨林に呆れるほどフクロギツネがいるが、淡色型は非熱帯雨林に暮らしておりむしろ珍しい存在になる。ケアンズだけでしか生き物を見ていない人にとっては【フクロギツネ=赤茶色の生き物】となる。  なんだか動きや表情がおかしく、笑える
全文を見る»»

フクロムササビ特集

2014年11月13日
自然科学保護区「ヨーカ」での鳥類調査の1日が終わる。オージーによる必要以上に手の込んだキャンプディナーのあと周辺で夜行性動物を探す。この強烈なアイシャインは希少なフクロムササビ亜種minorのものだ! ←時間がもったいない。時間がもったいない。ああ時間がもったいない。 私は食べることに対して栄養だけはしっかりとれていればそれ以上の情熱や関心がないので、せっかく一般が立ち入ることがで
全文を見る»»