ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


キアシヒタキ 2007年06月19日

コメント4件 “キアシヒタキ”

  • kumata-ro より:

    >幹にくっついて偵察している
    体は幹側、首だけ180度こっちむいてるの?
    かぁいいねぇ~

  • willie より:

    そうそう、かわいいよ〜。あの細い足でよく体重を支えてくっついてるなぁと思う。

  • yumi より:

    あーーー、いますね!!
    幹にくっつくのが!
    これなのかなあ。
    いつも、よく見ようと思っても小さいし、目が悪いし(私の)、よく見えないうちに飛んでいっちゃうのでわからないのです。

  • willie より:

    ブラックマウンテンロードで、小さい鳥で、幹にくっついてる鳥となれば多分キアシヒタキだと思いますよー。ムナオビエリマキヒタキも似たような動きするけど白黒で、スカーフみたいなエリマキが目立つので。