ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、衛星携帯電話など保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


ヤモリの仲間 2007年10月04日

コメント4件 “ヤモリの仲間”

  • kumata-to より:

    前の日本家屋んときはヤモリいたよ。
    可愛くて好き♪
    背筋のしゃきっとしたヤモリだね(w
    うちにはモニターインコがいるけど
    療養中なので、今は外に出さないようにしてる。
    アホウドリだけでつか?隠してるのは・・・

  • willie より:

    日本だと、家のガラスの外側にくっついているイメージだけど、ケアンズならほんとにどこにでもいるんですよ。
    http://cairns.nu/2006/02/post_84.html
    インコ心配ですね。うちにいたセキセイのサミーちゃんとリューちゃんはとっても長生きしてくれたけど、最後は悲しかった。だから、月並みだけど生き物を飼育する気にはなかなかなれない。
    アホウドリも隠していません。

  • kumata-ro より:

    そうそう、インコ生きてます。
    ただいま毎週末通院中。
    一番最初、絵の具みたいな緑の糞してびっくりだった。ふくらんでた。
    ルス中に親が放していたので解らないけど
    ローズマリー食べて刺激にやられたかな?って思ったんだけど
    お医者様いわく、吐き戻しとかのせいで炎症を起こしてるんぢゃないか?って・・・
    腸の動きが悪いらしく、糞を”うーーーん”ってお尻ひねってするのが心配。
    前、糞つまりで死なれたことあるから・・・鳥はウンチするのが仕事っ

    食が細くなってたので、腸の動きをよくする薬と赤い液体栄養剤と栄養強化餌食べてる。
    本人(鳥)飼い主の心配をよそに
    すました顔で元気(w
    糞のサイズと調子にムラがあるのがちょっと心配だけど、急にコロリはなさそうで一安心です。
    一年中均一の温度で、夜更かししていて、安心してるからいけない、
    まず生活態度を改善しましょう、
    さかりと吐き戻しをとめましょう。とお医者様にいわれました。
    反省。

  • willie より:

    とりあえず緊急ではないようで安心しました。でも飼ってると心配は尽きませんね…それ以上の幸せも与えてくれるんですけど。早く完全に元気になるといいですね。