ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


ハリモグラ 2007年07月04日

コメント10件 “ハリモグラ”

  • あくあまりん より:

    教えてください。
    よく考えるとわからなくなってきました。
    >1?3に分かれる哺乳類すべてを擁するのはオーストラリアとパプアニューギニアだけ
    ということですが、オーストラリアの中で進化(かな?)していった3の真獣類っていませんよね?
    今いる真獣類って何千年かまえにアボリジニか東南アジアの人に連れてこられたというディンゴ以外には・・あとイギリスから入植してきた人たちが連れてきたラクダとか猫とか犬とか牛とかですよね。

  • あくあまりん より:

    あ。。そういえばコウモリ。。
    あれって哺乳類でしたっけ。
    フクロコウモリなんてのはいませんよね。じゃああれはオーストラリアにいる真獣類?
    東南アジアから渡ってきたんでしょうか??

  • willie より:

    そうそう。コウモリやジュゴン、げっ歯類(マウスやラット)の一部は固有です。学術的にはディンゴは外来種になります。キツネやウサギ、ブタも。

  • あくあまりん より:

    え~~~!!げっ歯類??
    マウスやラットも全部フクロがあるのかと思ってました!!
    じゃあ、バンディクートのお腹にフクロはないんですか?
    それじゃあ、そのげっ歯類たちはどこから・・?
    なにかにくっついオーストラリアまで渡ってきたんでしょうか?
    まさかオーストラリア大陸がパンゲア(だったっけ?)から別れる前にもう存在してた?
    コウモリはあとでどこかから渡ってきたんでしょうか?でもそんなに長距離飛べるんでしょうか?
    では、では、、類等進化したのでしょうか??
    おもしろいですねー。オーストラリアの動物って!!
    それにしてもハリモグラ見てみたーい!!ケアンズ近辺にもいるんですか?

  • willie より:

    >マウスやラットも全部フクロがあるのかと
    あるやつもいればないやつもいますよ。バンディクートは有袋類です。
    パンゲア大陸が形成されていたのは2億5000万年前とかそういう単位になるので、さすがに哺乳類は存在していないはず。でも、当時熱帯だった南極大陸とオーストラリア大陸が切り離されたころには既にコウモリは生息していた可能性が高いです。また、コウモリの少なからずのグループは渡りをします。ねずみは恐竜時代から地球にいます。真獣類は、最近の生き物のように感じますが有袋類と真獣類は同時期に地球に出現したという意見が強いのです。(有袋類は北アメリカで、真獣類はヨーロッパで)
    げっ歯目とコウモリ(翼手目)は凄いグループで現在の哺乳類種の約4分の3を占めるんです。コウモリは北極から熱帯まで分布し、地球ではヒトに次いで広範囲に分布した生き物ともいえます。
    はぁ。久しぶりにまじめな事を書いた。
    ハリモグラはケアンズでもみられますよ。
    市内では見た事はありませんがマリーバやヤンガバラでときどき見かけます。ちゃんと探したらもっといるのかもしれないです。

  • あくあまりん より:

    バンディクートは袋のある方なんですね。
    似たような形(マウスやラットみたいな)をしていて、片方は真獣類、片方は有袋類、両方共存してるのも不思議ですね。どちらかが淘汰されそう・・。
    有袋類は北アメリカで生まれたのにあっちでは残らなかったんですね。
    コウモリがそんなに古くからいて種類も多いとは・・そういえばコウモリをオーストラリアまで追っかけて猫ちゃんと一緒にキャンピングカーで回っている方がいらっしゃいましたっけ・・。
    どうやって有袋類がオーストラリアで残っていったのか、どうしてコウモリやげっ歯類がいるのか・・不思議ですねー。

  • willie より:

    有袋類は、今でも南北アメリカにいますよ。種類はそう多くないですけどね。
    >コウモリをオーストラリアまで追っかけて猫ちゃんと一緒にキャンピングカーで回っている方
    大沢先生ですね。動物好きには羨ましい、夢のような旅です。帰国されてしまって寂しい限りです。ケープトリブにバットハウスというところがありますが、専門の保護施設、保護団体など結構コウモリファンもいるんですよね。カエルもそうだ。

  • あくあまりん より:

    >有袋類は、今でも南北アメリカにいますよ。
    えー、知らなかった!有袋類=オーストラリアのみに生息と思い込んでいました。(ん??んじゃ、ニュージーランドは??あー、また混乱してきた。)
    そういえば・・possumで辞書を引くとアメリカの動物って出てきて??と思ったんでした。possumはアメリカにもいるんですね。
    そうそう、大沢さんご夫妻・・もう帰国されたんですね。ケアンズから・・?
    時々HP見せていただいてました。(どちらかというとチョコロファンかも・・。)
    よく1年間キャンピングカーにくっついていましたよね。ウチの猫ならすぐに飛び出してしまいそう・・。

  • willie より:

    ニュージーにもポッサムがいまーす!増えすぎてキウイの生態を圧迫し問題になってます。ニュージーランドの固有の真獣類はコウモリだけなんですよ。
    大沢先生はシドニーinのケアンズoutでしたよ。チョコロは天国へ召されてしまったときは悲しかったですね…。

  • あくあまりん より:

    えっ?チョコロは一緒じゃなかったの?
    3月に・・。
    もう少しで日本に帰れたのに・・行きは一緒だったのに帰りにいないなんてつらいでしょうね。。。