ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


ガランピ(ルリ)マダラ 2009年01月01日

コメント9件 “ガランピ(ルリ)マダラ”

  • kumata-ro より:

    毎日見てたら、美味しそうにも見えてきた。
    芋虫はチョウチョ、毛虫は蛾、って何となく思ってるんだけど。あってます?
    アゲハの幼虫、緑の芋虫になる前は茶色くて白い班があって鳥の糞みたいなんですね。
    ベランダの山椒に沢山ついてて、知らなくて割り箸で取って全部捨てちゃったんです・・・
    後ですんごく後悔した(TT)ごめんよ~~

  • willie より:

    >芋虫はチョウチョ、毛虫は蛾
    そんなことはないですよ。そもそも、蝶と蛾の絶対的な区別点はないのです。。
    アゲハの幼虫は白黒でトリフンそっくりですよね。ベランダで羽化が見られたかもしれないのに!なんてことを…。

  • kumata-ro より:

    >蝶と蛾の絶対的な区別点はないのです
    そうなんだ!
    人間の勝手な感覚では、チョウチョは良くて蛾は悪い。
    ん、何がだ?そか、毛虫は葉っぱ丸裸にして、刺すからだ、でもそれって区別点とは別ですね(w
    >なんてことを…。
    わぁぁああん(/\)
    でも、今はちゃんとベランダのあちこちに蛹の抜け殻付いてますよ~
    去年、2回目の芋虫達を発見
    でも、葉がどんどん落ちゃって芋虫も小さいまま蛹も小さくて、、
    なんか中スカスカだけどそのまま死んぢゃったのかな?
    異常気象のせいで産まない時期に卵産み付けちゃったのかなぁ~と少々気に病んでます。

  • willie より:

    いいですね〜生き物に対するkumata-roさんのあたたかい目線が伝わってきます。私もそのうち行く予定ですが(陸路で)、イエローウォーターに早くいけるといいですね!

  • kumata-ro より:

    >そのうち行く
    うわぁお!
    willieさんの探険記楽しみです。
    私も今にきっと、イエローウォーターで生ワニ見るんだ~♪

  • willie より:

    ワニだけならケアンズに沢山いるんですが…。

  • kumata-ro より:

    植物園で見るのは、、
    やだ((・・ )))((( ・・))フルフルッ
    でも、ジャンピングクロコダイルは見てみたい!!

  • kumata-ro より:

    あけおめ~~
    今年もよろしく(^^)
    一瞬、またリンクが変になってるのかと思った(w
    蝶、体(胴体)も綺麗に水玉だね~。
    今年は永年勤続で旅行に行けるんだ~
    (費用一部負担してもらえるんだけど、
    不景気だから廃止されそうで心配だ…)
    イエローウォーターがチラと頭をかすめてるんだけど。。。
    特別休暇は一日!←willieさんがアイアンレンジであったオージー(8ヶ月?)とはえらい違いだ…
    ま、あとは有休使えってことだけどさ~

  • kumata-ro より:

    カカドゥのツアーめっけた。
    確かJTBのツアーで、二十日間、オールOP付(←やだ~)50万位のと、
    一週間位の日程、お申し込みは2名様からお願いしますの2件(w
    あんだかなぁ…
    早く引退したいわ(w