ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、衛星携帯電話など保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


ニシキヘビの抜け殻 2007年02月26日

コメント9件 “ニシキヘビの抜け殻”

  • kumata-ro より:

    >飲み込む途中
    わぁ見たい見たい♪
    これ全部いれたら、たんとご利益がある?
    それとも、、、お金が入る隙間がないっ!!!(w

  • willie より:

    ほんとに見ます?もしかしたら戻って来られなくなるかもしれませんよー?

  • kumata-ro より:

    見る(◎_◎)

  • xam より:

    >戻ってこられなくなるかもしれないぞ
    どこからだ?相変わらず変な事ときどき言うよね。

  • willie より:

    久しぶり。
    では、この衝撃映像をごらん頂こう。http://cairns.nu/img/python5.jpg

  • 匿名 より:

    わーいぃ、ありがとう♪
    カンガごっくん♪(^∀^)v楽勝っす♪
    何か口の中が毛でパサパサしそう。
    どんなウンチが出るんだらう?毛玉?←猫かいな(w
    溶けるまで寝っころがってるんですよね。
    大きさ見誤ることないのかなぁ、いくら顎の骨がはずれたって、皮伸びたって、入らないサイズはあるはずですよね。
    ルーニーテューンズ的連想しちゃうんですよね、だから笑えるのかな?

  • willie より:

    目測は誤りますよ、時として。ワニを飲み込んだものの、結局お腹が破裂して両者息絶えた例もあります。
     私なら、そこまでして大物を狙わずにちょこちょこ食べますが(-_\)そうも言ってられないか…。野生動物の胃の中は意外な程何も入ってませんからね。

  • kumata-ro より:

    >ワニを飲み込んだものの
    大人しく飲み込まれたとは思えないが、工程を想像できないです(ーー;)
    >結局お腹が破裂して両者息絶えた例もあります
    凄いな。文字通り必死に生きてるな・・・いや、単にオバカさん?ちょっと哀れかも。

  • willie より:

    ラオスかどっかでは、羊を飲み込んだニシキヘビもいるらしいですよ。ニシキヘビって、確かその辺りが原産(?)のはず。