AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組・書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ、アジア人初)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可など保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。

ボランティア活動撮影・コーディネイト・講演依頼オーダーメイドツアーメルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

Twitter / 太田祐 公式ツイッター


お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。


インコ・オウムスペシャル2泊3日(マウントアイザ方面)

インコ・オウムスペシャル2泊3日(Mt Isa)

全ての日本の方々を一度この地平線だらけの大地へご案内したいと思う、美しく無限の広さを誇るオーストラリア内陸部核心部です。ジョージタウンツアーが内陸入門であれば、こちらはかなりの遠隔地ですが一般のかたでもガイドと一緒なら探鳥可能な最高の内陸部です。AAK Nature Watchはツアーやプライベートでの訪問に加えて毎年この地で何週間もセスジムシクイ類調査をしてる事もあり、おそらく誰よりもこの地域での探鳥経験があります。6月から11月にかけてがオススメです。

オカメインコ、アカビタイムジオウム、セキセイインコ、モモイロインコ、ミドリマキエインコ、クスダマインコが群れで飛び回り、タイミングが合えば繁殖中のセキセイの姿も多く見られます(基本的に5月から9月ごろですが、不定期です)。2017年頃からモモイロインコの数は2000羽クラスに成長しており壮観です。インコ系以外でもショウキバト、ベニオーストラリアヒタキ、オグロバン、エミュー、ムナグロオーストラリアムシクイ、クマドリバト、マダラニワシドリ、オーストラリアチゴハヤブサ、大量のオナガイヌワシ(一度に10羽が飛翔、など)、無数のキンカチョウなど魅力的な野鳥がおり、ジサンショウクイ、ムネアカミフウズラ、アカビタイサンショクヒタキ、カンムリモズヒタキといった突発的な放浪性鳥類出現の楽しみもあります。哺乳類ではオーストラリアを象徴するアカカンガルーが地平線を背景に雄大な姿を見せてくれるでしょう。大平原や星空、地平線、夕焼け、機内からの眺め、謎の光ミンミンや火星のような景観など独特の見所が多く、秘境やオウム・インコがお好きな方には一生で一度の体験にもなりうると思います。

なおケアンズからマウントアイザへのフライトが毎日運行ではないため、二泊三日ではなく三泊四日とならざるを得ない曜日もあります。その場合はマウントアイザにて一泊を追加し、哺乳類のパープルイワワラビーやケナガワラルーを見たり、野鳥ではコマチスズメ、マルオセッカ、コブハゲミツスイ、ミミジロコバシミツスイ、ハイビタイコバシミツスイ、ヒメモリツバメ、インドクジャク、多くのインコ類が営巣する秘密のエリアなどを見に行く日になります。もしくは、マニアの間では有名なカルカドンセスジムシクイとムナジロセスジムシクイ探しの日とすることもできます。手強い相手ではありますが、AAK Nature Watchは毎年この地で何週間もセスジムシクイ類調査を受託しており突出した経験を有しています。

(なお避けられない内陸部の特徴として、野鳥の数や種類は雨量に大きく左右され相当のばらつきが毎回生じます。こちらのページもご参照の上でご検討ください。)

ツアータイプ 料金タイプ ツアー料金
インコ・オウムスペシャル2泊3日(Mt Isa) お一人様(二名様一室) A$1700

*14歳以下は半額です
*お一人部屋ご利用のケースでは1部屋につき$150追加

このツアーで出会える野鳥たちの例

  • 野生セキセイインコの大群
    アカビタイサンショクヒタキ
  • セキセイインコ
    宇宙的な砂漠の夕日
  • クスダマインコ
    モモイロインコ

ツアースケジュール

場 所 時 間 内 容
ケアンズ市 05:30頃 ケアンズ空港国内線でマウントアイザへ
マウントアイザ 午前 シンプソン砂漠方面へ移動しながら探鳥していきます
シンプソン砂漠方面 午後 昼食を挟んで移動と探鳥を続けます。地平線の夕日も見に行きます
    シンプソン砂漠方面泊
シンプソン砂漠方面付近 終日 各ポイントで探鳥します。アカカンガルーも見に行きます。
    シンプソン砂漠方面泊
シンプソン砂漠方面付近 午前 地平線の日の出も見に行きます。マウントアイザへ移動開始。道中で探鳥
マウントアイザ 夕方 マウントアイザ空港からケアンズ空港へ
ケアンズ市 20:30頃 ケアンズ空港到着

ツアーに含まれるもの

*望遠鏡を携帯した日本語野鳥ガイド
*ケアンズ⇔マウントアイザの往復航空券
(時価のため、参考価格にて算出しています。正確にはお申し込みをお預かりさせて頂いた後にお知らせ致します。
*ミニバスまたは4WD(旅客業務認可をうけた正規の商用車です)→違法な白タク事業車に注意
*皆様の宿泊費、機内スナック
*ガイドの宿泊費、食費、航空券
*10%の消費税

ツアーに含まれない主なもの

*食事代
*お飲物代(レストランにて各自お好きなメニューをご注文頂き、解散までにまとめてご清算下さい)

催行情報

最小催行人数:大人3名様(ご相談下さい)
最大催行可能人数:6名様(ご相談下さい)
こちらのツアーは2019年8月上旬(6日〜10日あたり)をご検討の方々がいらっしゃいます
こちらのツアーは2019年8月17−20日にて催行予定です

注意事項

※航空券が時価のため、ツアー料金は参考価格です。お申し込みをお預かりさせて頂いた後に最終価格をお知らせ致します。
※航空券が関係するツアーのため、欠航や大きな遅延などに備えた適切な海外旅行保険には必ずご加入下さい。

現地レンタルも出来ます

各種機材を取り揃えてあります。レンタル機材一覧をご覧になりたい方はこちら