AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、衛星携帯電話など保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。

ボランティア活動撮影・コーディネイト・講演依頼オーダーメイドツアーメルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

Twitter / 太田祐 公式ツイッター


お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。


ジョージタウン方面1泊2日バードウォッチング

ジョージタウン1泊2日バードウォッチング

ケアンズから比較的気軽に出かけられる範囲内では最も内陸性の鳥相が見られるエリアなので、内陸部ツアーの入門編という位置づけです。その年の降水量によって当たり外れの激しいエリアとなりますが、渡りの時期の離島のように何が出るかわからない面白さがあります。

ケアンズからひたすら内陸へ進むこと400km以上。人里も約100kmおきの僻地になり、乾季になると湿度が一桁台中盤にまで落ちこむそこはアウトバックと呼ばれる広大で無人に近い世界が広がっています。ケアンズからアクセスが比較的現実的なアウトバックがこのジョージタウン一帯です。過酷な自然の地域であり年間の大半はシーズンオフですが、AAK Nature Watchは世界の誰よりもこの地域での探鳥経験があり(2006年頃から毎年ゆうに20−30日を現地で過ごしています)、シーズン中は毎週のように訪問しています。高名なBBCのドキュメンタリー番組制作を手伝うほどです。

この地域はアウトバック系の野鳥が豊富です。モモイロインコ、ホオアオサメクサインコ、コシアカショウビン、ハイイロツチスドリ、キンセイチョウ、キンカチョウ、キバシキンセイチョウ、クロムネトビ、ウスユキバト、ショウキバト、ヒメフタイロヒラハシ、カオグロミツスイ、コシジロミツスイ、クロオビミツスイ、ノドアカムジミツスイ、キイロコバシミツスイ、ノドグロモズガラス、カオグロモリツバメ、ホオグロモリツバメ、マミジロモリツバメサクラスズメ、ナンキンオシ、ヒバリモドキ、コシアカヒバリモドキなどが記録され、コキンチョウを狙うことさえも可能です(要事前相談)。運がいいとアウトバックへ行く途中でキンショウジョウインコや(ネッタイ)アカクサインコを見かける事があります。ベニオーストラリアヒタキ、ムナオビトサカゲリ、コシアカツバメ、ムナジロシマコキン、クスダマインコといった突発的な野鳥の出現も過去にありました。

セキセイインコやオカメインコの存在はAAK Nature Watchによって世に広く知られるようになりましたが、彼らは不規則で数に相当のバラツキがあり、AAK Nature Watchでは毎年ゴールデンウィークの頃にシーズン最初の状況偵察に出かけることが恒例になっています。目的が彼らだという方々は、こちらのページもご参照の上でご検討ください。

なおジョージタウンには日本から天体観測のグループがほぼ毎年来て撮影のため4泊するような星空の名所です。AAK Nature Watchのツアーでも彼らと同じ場所にて南半球の、砂漠地帯の圧倒的な星空をお楽しみ頂けます(月齢に要注意)。

ツアータイプ 料金タイプ ツアー料金
ジョージタウン方面1泊2日バードウォッチング お一人様(二名様一室) A$725

*14歳以下は半額です
*個室でさえあればトイレ、シャワーが共用でも構わないかたは低価格の古い宿を利用して一人$35の割引が可能です。
*他のご参加者とご一緒のツアー行程になりますので、○○はどうしても見たい、インコやオウムの仲間だけを見たい等の特段なご希望をお持ちの方は貸し切りをお勧めします。お申し込みフォームにてご指定可能です。
*お一人部屋ご利用のケースでは1部屋につき$65追加

このツアーで出会える野鳥たちの例

  • 野生ウスユキバト
  • 野生のオカメインコ
  • ウスユキバト
    営巣する野生のオカメインコ
  • 野生のセキセイインコ
  • モモイロインコ
  • 野生のセキセイインコ
    野生のモモイロインコの群れ
  • キンセイチョウ
  • 野生のキンカチョウ
  • キンセイチョウ
    野生のキンカチョウ
  • ジョージタウンの星空
  • ジョージタウンの星空

太田祐のここだけツアー最新情報

ジョージタウンというのは宿泊施設や飲食店がある最寄りの集落の名にすぎず、探鳥はその周囲の主に私有の原野を使って行っておりジョージタウンの村自体で探鳥しているわけではありません。二日間で約1000kmを走行しますが、アウトバックでは100kmクラスの無人区間が連続しレンタカーが走行を認めていない未舗装道路も多く走行します。アウトバックへ個人で行くことは不慣れな人には危険でもありますし、大した成果が伴わない(実話)のでツアーをご利用下さい。

ツアースケジュール

日 程 時 間 内 容
一日目 07:30 ケアンズ市宿泊施設などから出発
午前 休憩を挟みながら内陸へ向けて移動を続けます
午後 昼食を挟み引き続き移動、宿にチェックイン後いよいよアウトバックでの探鳥です(主に私有の原野)
ジョージタウン泊(星空やワラビーをお楽しみ下さい)
二日目 早朝/午前 夜明け前からアウトバックで探鳥
午後 昼食を挟みつつケアンズへ向けて走行
夕方 ケアンズ市内宿泊施設、空港などで解散

ツアーに含まれるもの

*望遠鏡、衛星携帯電話を携帯した日本語野鳥ガイド
*ミニバスまたは4WD(旅客業務認可をうけた正規の商用車です)→違法な白タク事業者とは
*皆様の宿泊費
*ガイドの宿泊費、食費
*10%の消費税

ツアーに含まれない主なもの

*食事代、お飲物代(レストランにて各自お好きなメニューをご注文頂き、解散までにまとめてご清算下さい

催行情報

最小催行人数:大人2名様(3名様以上は割引がございます)
2019年か2020年中に一名様がご一緒に参加していただけるかたをお探しです。
最大催行可能人数:20名様

注意事項

その年の雨量によって当たり外れのかなり大きいエリアになります。また一年の大半はシーズンオフです。事前にお問い合わせ下さい。セキセイインコやオカメインコは不規則で数に相当のバラツキがあり、AAK Nature Watchでは毎年ゴールデンウィークの頃にシーズン最初の状況偵察に出かけることが恒例になっています。目的が彼らだという方々は、こちらのページもご参照の上でご検討ください。じっくり巡る二泊三日とすることもでき、その場合はお一人様$1125となります。お申し込み時にコメント欄にてお知らせ下さいませ。

現地レンタルも出来ます

各種機材を取り揃えてあります。レンタル機材一覧をご覧になりたい方はこちら