AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組・書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)、600Club(オーストラリア産鳥類リストが600種類以上ある人の名誉クラブ、日本人初認定)などに所属。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンスなど保有。

ボランティア活動撮影・コーディネイト・講演依頼オーダーメイドツアーメルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

Twitter / 太田祐 公式ツイッター


お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文



ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。


徹底ほ乳類!二泊三日ツアー

徹底ほ乳類!二泊三日ツアー

ケアンズでは観光風の日帰りほ乳類観察ツアーが多くの旅行会社によって行なわれています。しかしそれらは観光やダジャレ、餌付けを交えたエンターテイメント的な家族向けであり、熱心なネイチャーファンを本当に満足させる趣旨のものではありませんし、ワーキングホリデーのアルバイトガイドであることも多く、経験値や知識量もAAK Nature Watch(太田祐)とは比較になりません。この二泊三日のツアーは真剣なナチュラリストに最適です。

有袋類や単孔類のカモノハシ(過去約4年間で見られなかったのは洪水の一度だけ)、カオグロキノボリカンガルー(過去4年間で遭遇率90%を維持)アカネズミカンガルー、ケナガワラルー、ハリモグラ、ヒメフクロネコ、ヤブクマネズミ、オオハダカオネズミ、シカアシメロミス、キミドリリングテイル、トビリングテイル、コゲチャリングテイル、フクロモモンガ、ハナナガバンディクート、シモフリバンディクート、ニオイネズミカンガルー、フクロギツネ、フクロシマリス、スナイロワラビー、アカアシヤブワラビー、マリーバイワワラビー、オオカンガルーなどが期待されます。2日目の日中を中心に野鳥や植物に関してもご案内致します。

ツアータイプ 料金タイプ ツアー料金
徹底ほ乳類!二泊三日ツアー お一人様(二名様一室) A$895

*14歳以下は半額です
*お一人部屋ご利用のケースでは1部屋につき$150追加
*他のご参加者とご一緒のツアー行程になりますので、○○はどうしても見たい、○○が△している姿を撮影したい等の特段なご希望をお持ちの方は貸し切りをお勧めします。お申し込みフォームにてご指定可能です。

このツアーで出会える動物たちの例

  • ハナナガバンディクート
    シモフリバンディクート
  • ハリモグラ
    ヤブクマネズミ
  • マリーバイワワラビー
    コゲチャリングテイル

太田祐のここだけツアー最新情報

※相手は夜行性のため、夜間の活動が多くなります。ライトや暖かい上着をお持ち下さい。昼は休憩を挟みます。雨期の間はお勧めしません。

ツアースケジュール

場 所 時 間 内 容
一日目 14:00 ケアンズ市宿泊施設、空港などから出発
午後 各地でほ乳類を中心に鳥類や植物も観察
  日没後も夕食を破産で引き続きほ乳類観察(<23時頃まで)
※午前中の半日バードウォッチングもご検討下さい
    ネイチャーロッジその1 泊
二日目 日中 各地でほ乳類を中心に鳥類や植物も観察
  日没後も夕食を破産で引き続きほ乳類観察(<23時頃まで)
    ネイチャーロッジその2 泊
三日目 午前 早朝の動物観察後、ケアンズへ
ケアンズ市 午前中 ケアンズ市内宿泊施設、空港などで解散
※午後の半日バードウォッチングもご検討下さい

ツアーに含まれるもの

*日本語ネイチャーガイド
*ミニバスまたは4WD(旅客業務認可をうけた正規の商用車です)→違法な白タク事業車とは
*私有地の使用料など
*皆様の宿泊費
*ガイドの宿泊費と食費
*10%の消費税

ツアーに含まれない主なもの

*食事代、お飲物代(レストランにて各自お好きなメニューをご注文頂き、解散までにまとめてご清算下さい)
*オプションお一人$100

催行情報

最小催行人数:大人2名様(3名様以上は割引がございます)
最大催行可能人数:14名様

注意事項

※高価な撮影・観察器材をご持参される方は海外旅行保険へのご加入をお勧めいたします。

現地レンタルも出来ます

各種機材を取り揃えてあります。レンタル機材一覧をご覧になりたい方はこちら