AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組・書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)、600Club(オーストラリア産鳥類リストが600種類以上ある人の名誉クラブ、日本人初認定)などに所属。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンスなど保有。

ボランティア活動撮影・コーディネイト・講演依頼オーダーメイドツアーメルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

Twitter / 太田祐 公式ツイッター


お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文



ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。


「過去のリビングインケアンズ」の検索結果: 22 件

過去のリビングインケアンズでの連載記事(月遅れ/テキストのみ)20

2013年02月04日
日本の中枢、東京都霞ヶ関。 今年末から新しく進める仕事の準備で数日を過ごしていた。朝の通勤地獄列車やコンクリートの森にいたら、私はショック死または憤慨死するのではないかと思われることがあるがもともと都市部で生まれ育った。そしてアウトドアとビル街、静寂と混沌、過疎と密集、ビジネスとコンサベーション、生物学と経済学といった強い二面性を持った不思議な人間になった。日帰り訪問だけであればただ霞ヶ関もエキ
全文を見る»»

過去のリビングインケアンズでの連載記事(月遅れ/テキストのみ)19

2012年11月14日
ある店でおしゃべりな女性を見た。その人は私が店内に居た一時間の間、息継ぎすら惜しむようなスピードと大音量で店員を相手に子供の事や家の事をしゃべり続けた。その類稀なコミュニケーション能力に私は感心し、聞くとは無しに聞いていた。まるで息継ぎなしで延々と演奏が可能なオーストラリア先住民によるディジュリドゥの技術、循環呼吸奏法の応用を見ているようだな、と。 この速度で家でも話し続けているとすると一日に1
全文を見る»»

過去のリビングインケアンズでの連載記事(月遅れ/テキストのみ)18

2012年10月05日
【鳥学通信23号】は浦野栄一郎博士の突然の死去を伝える記事で一杯だった。なんということだ、と私は読み始めようとしていた専門書を傍らにそっと置き合掌した。 何年前の事だろうか、インターネットオークションにて20冊ほどの日本の古本を落札した。その中には日本に置ける鳥類学の第一人者の一人である上田恵介教授の古い著書 『♂♀の話 鳥(おすめすのはなし、とり)技報堂出版』が含まれていた。15年ほど
全文を見る»»

過去のリビングインケアンズでの連載記事(月遅れ/テキストのみ)17

2012年07月19日
ブラジル人船員の稼ぎと比べれば実においしい、違法な副業があるという。ブラジルにいる間にそこら辺のオウムやインコを捕まえておき、イギリスやアメリカ、そして日本など裕福で鳥マニアの多い国々に寄港した際にペットショップに持ち込んで売り払うのだという。何しろ元手はタダであっても外国産のオウム類等は末端価格で何十万円もすることが普通である。 そのインコ、アオボウシインコもそうやってブラジルから西日
全文を見る»»

過去のリビングインケアンズでの連載記事(月遅れ/テキストのみ)16

2012年05月12日
「トレス海峡に停滞していた温帯低気圧が急激に勢力を強め再びサイクロンを形成する見込みとの事です。繰り返します。トレス海峡にてサイクロン発生、ケープヨーク北部は厳重な警戒を...」 「これは緊急の電話です。御予約頂いているロックハートリバー発アルクン行きの便はサイクロンを避けるため急遽定刻よりも1時間早く離陸します。この留守電を確認されましたら直ぐにスカイトランス航空までご連絡を...」 「突如
全文を見る»»

過去のリビングインケアンズ連載記事(月遅れ/簡略版)15

2012年03月21日
37、38、39、、、。 メーターを気にし始めて以来少しづつ数値は上昇を続け、40に達したところで私たちは自虐的な喝采を小さくあげた。これは気温の話である。 しかし温度計の上昇は青天井で、42℃、43℃、、のあたりから失笑も聞かれなくなってきた。そしてとうとう45を指し、それ以上見ない事にした。ちなみに時刻は日没前18:00のことであり真昼は推して知るべし。51.5℃がこれまでの個人的な最高記
全文を見る»»

過去のリビングインケアンズ連載記事(月遅れ/簡略版)14

2012年01月08日
「一体こいつは何の音だ?」 待っていた。草原に座し迷彩の大きな布を頭から被り、ひたすらオオハナインコが樹洞に戻って来るのを待ち続けている時だった。その奇妙な音は遠くの方から、それでいて確実に接近していた。例えるならカバの群れが走って来るような、地響きと時折木が倒れる音を伴うような音だった。オーストラリアの陸上にそのような大型動物がいる筈も無いし、工事かなにかの音だろうか?と思案してた。そのうちに
全文を見る»»

過去のリビングインケアンズ連載記事(月遅れ/簡略版)13

2011年09月09日
ケープヨーク方面を訪れた事がある読者はどれくらいいるだろうか。ビクトリア州と同じという漫々たる面積を持ちながら総人口は数千人といったところ。基本的に道路は1本だけでオーストラリア4大冒険ルートの1つであるペニンシュラデベロップメントロードがオーストラリア本土最北端へ続いている。何十カ所で橋の無い場所での渡河の必要がある為に雨期は通行不可能になり、道端には力尽きた車の残骸がちらほらというタフな地域な
全文を見る»»

過去のリビングインケアンズ連載記事(月遅れ/簡略版)12

2011年07月23日
広大な敷地にログハウス二つだけという贅沢な宿にいた。日当たりのよいベランダでコーヒーを入れてのんびりしていたら、久しぶりに全身の緊張や汚れが浄化されていく感覚を覚えた。  深閑静寂。  溢れるウィルダネス。  そしてすべての社会的束縛から距離があること。 これらで私の人生の大半が満たせる。幸せになる事は難しい事ではない。 このログハウスはコンドミニアムタイプで暮らせるような設備と
全文を見る»»

過去のリビングインケアンズ連載記事(簡略版)11

2011年05月14日
昨年の後半に定職を辞した。 それ以降は月に3、4日程度古い知人のツーリズムを手伝う他は、野鳥や昆虫を撮りに行き、それ以外は家で専門書や論文を読んでいるという大変ケシカラン生活を続けて心身は大いに開放された。退職後ケアンズ周辺を3週間ほどかけて改めて周り、その後州西部の乾燥した大平原を旅した。夏を迎えるクィーンズランド州は生命に溢れていた。世界はきらきらと輝き、私はオーストラリアに来て以来最良の時
全文を見る»»