AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、衛星携帯電話など保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。

ボランティア活動撮影・コーディネイト・講演依頼オーダーメイドツアーメルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

Twitter / 太田祐 公式ツイッター


お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。


「昆虫観察」の検索結果: 12 件

あのウミトゲアリを見たい? ケアンズ昆虫観察ツアー報告

2018年03月27日
あまり宣伝はしてませんが、AAK Nature Watchではケアンズで昆虫観察ツアーも行なっています。2007年に新種として発見され、その奇妙な生態や能力でダーウィンが来たでも放送された「超高速!海を泳ぐアリ」ことウミトゲアリを探す事もできます。3月に行われたツアーでは以下の昆虫を観察しています。 アジアイトトンボの仲間         Common Bluetail Damselfly Is
全文を見る»»

AAK Nature Watchでは昆虫観察ツアーも行っています

2016年06月26日
あまり宣伝はしていませんが、AAK Nature Watchでは依頼があれば昆虫観察ツアーも行っています。3名様まで$510、6名様まで$800となっています。(参考:ケアンズで蝶観察ツアーもAAK Nature Watchは行っています) オーストラリアのナナフシは人気者。突発的であり、運次第です。 7−8月のご依頼が多いのだけど、南半球はその頃真冬になるのでトンボや甲虫類は極めて少
全文を見る»»

ケアンズ昆虫観察ツアー記録最終回

2011年01月10日
Banded Cockroach(Cosmozosteria bicolor) クチキゴキブリWood Cockroach(Panesthia sloanei)とか。 和名の無いカザリシロチョウの仲間、Black Jezebel(Derias nigrina)これは前回載せ忘れた。 その他動物もついでに。 急いでたのではっきりと確認できなかったけど、多分モモアカアマガエル。 くつろぎ過ぎなクツ
全文を見る»»

ケアンズ昆虫観察ツアー記録7

2011年01月07日
7回目は飛びものです。交尾するウスバジャコウアゲハ。 ミドリメガネトリバネアゲハはメスを多く見た。12月に入ってからは♂もよく飛んでいる。もちろんケアンズ周辺亜種euphorion。 定番のオオルリアゲハも一応。この花は大型アゲハを集めるのに最適です。ディンツリー昆虫博物館のオーナースティーブさんから数株をわけてもらって現在自宅で栽培中。 ミドリメガネトリバネアゲハeuphorionは卵の時点
全文を見る»»

ケアンズ昆虫観察ツアー記録6

2010年12月24日
ツノトンボAscalaphidaeはトンボではなくてカゲロウの仲間らしい。とまり方や体型は確かにトンボのものではないけど、飛んでいるときはヤンマに見えた。
全文を見る»»

ケアンズ昆虫観察ツアー記録5

2010年12月22日
第5回はカメムシ類。キンカメ、サシガメ、ヘリカメなどごっちゃです。 もっといろいろ見たのは確かながら、写真が残っているのは以上。
全文を見る»»

ケアンズ昆虫観察ツアー記録4

2010年12月18日
4回目はカミキリムシとハンミョウを少々。 前胸の模様がハロウィーンのかぼちゃに見えて仕方ないトラカミキリの類。 サビカミキリの辺り。 Rhytiphora albospilotaとか? 地上性の珍しいカミキリムシとのこと。 オーストラリアほぼ全域に分布するハンミョウ、Cicindela semicincta。 別の場所にて。やはりこれもCicindela semicinctaか? と近づく前に
全文を見る»»

ケアンズ昆虫観察ツアー記録3

2010年12月03日
第三回は、ゾウムシなど。↑クック船長探検隊に同行していた著名な植物学者というか多方面に置いて巨人、ジョセフバンクスがオーストラリアで最初に採取した昆虫といわれるDiamond Beetle。 ムカシゾウムシ。 やたら固いからカタゾウムシ。 泥のようなゾウムシ。 なんか笑えたなぁ。これ。 まだ続きます。文章は後日。
全文を見る»»

ケアンズ昆虫観察ツアー記録2

2010年11月28日
記録1からの続きです。時間がないのでとりあえず写真のみ。 まだ続きます。
全文を見る»»

ケアンズ昆虫観察ツアー記録1

2010年11月26日
数日間、珍しくケアンズ周辺で昆虫を中心に見て回って来た。日本の大学の昆虫学の先生で、現在オーストラリアの大学に客員研究員として赴任されている方をご案内してなので逆に教わる事ばかりでそれでもいいんですね、と個人的にお手伝いさせて頂いた。近々半月ほど留守にしてしまうので、その前にとりあえず写真だけでもという事で。第一回はカザリハナムグリなど固めのものから。 ニジゴミムシダマシ。 ゾウムシ編
全文を見る»»